ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 正覚寺寺子屋遺跡  
新型コロナウイルス関連情報
年間行事予定
教育要覧
夢・感動 写真館

正覚寺寺子屋遺跡  

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月9日更新

市指定史跡

(ふりがな)    しょうかくじてらこやいせき
【文化財名】   正覚寺寺子屋遺跡
【指定番号】   第40号
【種別】      記念物・史跡
【員数】      1カ所
【指定年月日】 昭和46年3月27日
【所在地】    観音堂
【概要】   
 本地は、天台宗正覚寺跡で、古くから寺子屋を開き近隣の子弟の教育の場でした。
 碑は、正徳3癸巳4月18日建立されたもので、施主平方村手習子53人、取子10人により建設されましたが、当時としては、珍しく大規模な寺子屋でした。

市刊行物のご案内

上尾市史
第九巻別編2 金石・文化財(平成11年3月31日)

正覚寺寺子屋遺跡

正覚寺寺子屋遺跡

施設マップはこちら

刊行物のご案内へ

上尾の文化財へ

上尾の指定・登録文化財一覧へ

前ページへ

次ページへ