ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 伊藤由哉碑と墓  
新型コロナウイルス関連情報
年間行事予定
教育要覧
夢・感動 写真館

伊藤由哉碑と墓  

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月9日更新

市指定史跡

(ふりがな)   いとうゆうさいひとはか 
【文化財名】  伊藤由哉碑と墓
【指定番号】  第6号
【種別】     記念物・史跡
【員数】     2基
【指定年月日】 昭和34年1月1日
【所在地】    妙厳寺(上尾市大字原市)
【概要】   
 この碑は元、大宮氷川神社境内にあったものを昭和31年に妙厳寺境内に移転したものです。由哉は号を他山と称しました。入間郡高倉村(現在の入間市)に生まれ、医術を修めて原市に住み、慈善事業に尽力するかたわら原市近郊子弟の教導に当たり、多くの秀才を送り出しました。また、地歴の学識が深く、明治10年白根県知事の委嘱を受けて「埼玉県史」の編さんに従事しました。同14年に病没、享年49歳。墓所は妙厳寺にあります。 

市刊行物のご案内

上尾市史
第九巻別編2 金石・文化財(平成11年3月31日)

伊藤由哉碑

伊藤由哉碑

施設マップはこちら

刊行物のご案内へ

上尾の文化財へ

上尾の指定・登録文化財一覧へ

前ページへ

次ページへ