ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険税の納め方

国民健康保険税の納め方

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

納税義務者と擬制世帯主

 国民健康保険(国保)に加入している世帯主が納税義務者となります。また、国保に加入していない世帯主であっても、同じ世帯に国保加入者がいる場合、その世帯主が納税義務者となります。この場合の世帯主を擬制世帯主といいます。納税通知書は、世帯主あてに送付します。

納付方法

 国民健康保険税(国保税)の納税通知書は、毎年7月上旬に発送します。納税通知書の表紙に納付方法が記載されています。

・普通徴収

 国保税を納付書や口座振替で納める方法です。納付回数は原則として年8回ですが、国保税は、その年度(4月から翌年3月)の加入月数に応じて算定します。このため、年度途中に加入・脱退すると国保税を月割で賦課するため、納付回数が少なくなる場合があります。

・年金天引き(特別徴収)

 年金受給月に国保税を年金から天引きします。対象となる人には、原則として年6回に分けて納めていただきます。

例1) 4月から年金天引き
    →4・6・8・10・12・2月に年金から天引き
例2) 10月から年金天引き
    →1から3期分は納付書または口座振替で納付、それ以降は10・12・2月に年金から天引き

※国保税が増額更正された場合、年金天引き(特別徴収)は継続となり、増額分が別途普通徴収となります。

年金天引き(特別徴収)の対象

次の条件をすべて満たす世帯主は、国保税が年金から天引きになります。

1. 世帯主が国保加入者である
2. 国保加入者が全員65から74歳である
3. 世帯主の年金受給額が年額18万円以上である
4. 世帯主の介護保険料が年金から天引きされている
5. 国保税と介護保険料との合計額が年金受給額の2分の1以下である

※年度内に75歳に達する世帯主は、年金天引きの制度上過徴収になり得ることもあるため、対象外とし、普通徴収(口座振替か納付書による支払い)となります。

年金天引きを止めて口座振替へ

届け出により、年金天引きから口座振替へ変更することができます。

【届け出に必要なもの】

 1. 国民健康保険被保険者証
 2. 特別徴収中止申出書
 3. 口座振替依頼書、口座届出印(郵送による口座振替の申し込み方法へリンク) 

※届け出をしてから、年金天引きが中止されるまでには3、4カ月かかります。事前に保険年金課までご確認ください。また、口座振替に変更した後、残高不足などにより引き落とせなかった場合は、年金天引きに戻すことがあります。

特別徴収中止申出書[PDFファイル/66KB]

 国保税の減免制度

 不慮の事故や災害などの理由で、どうしても国民健康保険税を納めることができないときは、減免制度もありますのでご相談ください。なお、納付方法については、納税課で納税相談をしてください。

 次のいずれかに該当する方は、国民健康保険税が減免される場合がありますのでご相談ください。

・病気や障害により仕事ができなくなり、所得が著しく減少した

・天災その他これに類する災害を受けた

・収入が著しく少なく生活が困窮している

上記の理由により、減免を希望される方は、納期限の7日前までに申請が必要となります。

申請受理後、担当者が生活状況調査を行います。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)