ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

郵送による申請の方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月23日更新

以下のものを、郵送してください。
なお、印鑑登録証明書(印鑑証明)は、郵送による申請はできません。

1 申請書

次のリンクより該当の申請書をダウンロードして、必要事項を記入・押印してください。
なお、日中にご連絡のできる電話番号を、必ず記入してください。

申請書・委任状

2 定額小為替証書(手数料)

ゆうちょ銀行(旧郵便局)の定額小為替証書をご用意ください(収入印紙や切手は不可)。
証明書の手数料については、手数料の一覧をご覧ください。

国民年金、厚生年金等の公的年金手続きや、(特別)児童扶養手当の手続きに使用する戸籍謄抄本は、条例により無料で請求することができますので、定額小為替証書は不要です。その際は必ず申請用紙に証明書の使い道をご記入ください。
※無料で請求した戸籍はそれ以外の用途には使用できませんので、ご注意ください。

※ 定額小為替の有効期間は発行から6カ月です。市役所到着時に有効期間が1週間以上あるものをご準備ください。なお、年末年始やゴールデンウィークなど閉庁日が続く時期に請求する際には、さらに余裕をもっていただきますようお願いいたします。
※ 手数料は市区町村によって異なります。
※ 定額小為替証書を購入する際には別途料金がかかります。

3 返信用封筒 

申請者の住所(団地・アパート名まで明記)、氏名を記入してください。

※ 郵送先は原則として申請者の住民登録地です。
それ以外の場所に送付を希望する場合には、公共料金の領収書など居住地が確認できる書類を添付の上、申請書に理由を明記いただくなど別途対応いたしますので、あらかじめ証明書発行センターへご確認ください。
(マイナンバー入の住民票は住民登録地以外に送付する事ができません。
 なお、マイナンバー入の住民票は広域交付によって他自治体でも発行することが可能です。
関連リンク:現在出張で他市に来ているのですが、急に住民票が必要になりました。他市で住民票は取得できないでしょうか?

※(市外転出後に再度住所変更があったなど)当市が現住所を把握できていない場合には同封の本人確認書類の記載などを確認の上郵送いたします。確認がとれなかった場合には申請者宛にご連絡をする場合がありますので、申請書には必ず電話番号のご記入をお願いいたします。

※ 宅配便での返信は取扱いしていません。

4 返信用切手

普通郵便を希望する方は料金分の切手をご用意ください。
また、速達をご希望の場合は速達料金を加えた切手をご用意いただき、返信用封筒に「速達」と朱書きしてください。

 5 本人確認書類のコピー

申請者の本人確認ができる書類のコピーを添付してください。

本人確認書類として認められるものは下記を参照してください。
 本人確認書類について

※ 戸籍の郵送請求において、パスポート1点では本人確認書類として認められませんので、予めご了承ください。

6 委任状 ※代理人が申請する場合

代理人が申請する場合は、本人(委任者)からの委任状が必要です。
代理人による申請について

ご注意ください

・申請する人や申請内容によって、その他にも書類が必要になる場合がありますので、事前にご確認ください。

・証明書発行センターでは、申請書類等を受け取り次第、順次証明書を発行、発送いたしておりますが、年末・年始や年度末・年度初めなど、申請が多くなる時期は、証明書の発行、発送が遅れる場合があります。
 また、申請書や同封物に不備や不足がある場合には、発送が遅れる、または、発行できずに申請書類等をご返却する場合があります。(電話でご連絡する場合があります。)
 そのため、お早めに申請いただきますようお願いします。

郵送による申請の宛先

〒362‐8501
埼玉県上尾市本町三丁目1番1号
上尾市役所 証明書発行センター

電話 048‐783‐4940


郵送による転出届のご案内