ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民年金保険料の産前産後期間免除制度について

国民年金保険料の産前産後期間免除制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

※各種届出・申請の際には、基礎年金番号のほかマイナンバーが利用できます。 なお、マイナンバーの利用にあたっては、法令に基づき本人確認書類(こちら [PDFファイル/3MB])が必要となります。

次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。

施行日 平成31年4月1日

免除期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※ただし、施行前の平成31年3月分以前の期間は免除されません。

※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

〈例〉平成31年2月出産

    ・単胎の場合:平成31年4月分が免除(免除期間は出産月の前月から4か月だが施行日以降が対象となるため)

    ・多胎の場合:平成31年4月分が免除(免除期間は出産月の3か月前から6か月だが施行日以降が対象となるため)

   令和元年7月出産  

    ・単胎の場合:令和元年6月から9月分が免除(出産月の前月から4か月が免除対象期間)

    ・多胎の場合:平成31年4月から9月分が免除(出産月の3か月前から6か月が免除対象期間)

対象となる方

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

申請方法

【日付】 出産予定日の6か月前から提出可能です。期限はありません。

【場所】 上尾市役所本庁舎1階 保険年金課13番窓口または大宮年金事務所

【持ち物】
・年金手帳
・マイナンバーがわかるもの
・本人確認できるもの※写真付きであれば1点、写真付きでない場合は2点(健康保険証+年金手帳など)
・印鑑(認印可)
・出産日および親子関係を明らかにするもの(母子手帳、出生証明書等)※死産の場合は死産証明書等

免除承認期間の効果

 保険料を納めた期間として扱われます。

 

その他のお問い合わせについては年金機構ホームページをご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)