ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給について(国民健康保険の加入者)

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給について(国民健康保険の加入者)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月10日更新

 傷病手当金とは、被保険者が病気や怪我のため、労務に服することができなくなった場合、その期間、一定の金額を支給する制度です。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、上尾市国民健康保険においても、傷病手当金を支給することとなりました。 

対象者

 国民健康保険に加入している被保険者(給与の支払いを受けている場合に限る)のうち、新型コロナウイルスに感染した人、または発熱等の症状があり感染が疑われる人
 ただし、他の社会保険等から傷病手当金が支給される場合や、労働基準法に基づく休業手当が支給される場合等は、上尾市国民健康保険から傷病手当金は支給されません。

支給内容

支給対象となる日数

 労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日

支給額

 (直近の継続した3月間の給与収入の合計額÷就労日数)×3分の2×支給対象となる日数

※労務に服することができなかった期間でも、給与等の全部または一部を受け取ることができる場合は、傷病手当金は支給されません。ただし、その受け取ることができる給与等の額が、上記で算定される傷病手当金の支給額よりも少ない場合は、その差額を支給します。
 なお、原則として世帯主の口座への振込となります。世帯主以外の口座へ振り込む場合には、委任状が必要です。

適用期間

 令和2年1月1日から令和3年12月31日の間で、療養のため労務に服することができない期間
 (ただし、入院が継続する場合等は、最長1年6月まで)

振込日

 上尾市役所保険年金課に申請書が届いた日付(消印の日付ではありません)の翌月末の振込となります。

時効

 支給対象日ごとに、支給対象となる日の翌日から起算して2年

注意事項

 傷病手当金の、支給となる日数等を適切に把握するため、傷病手当金の申請はなるべく1月(月の始めから月末まで)を単位として申請してください。

申請方法

 傷病手当金の申請は、郵送でも受付しております。

 申請書をホームページからダウンロードできない等の場合は、お電話いただければ、傷病手当金支給申請書をご郵送します。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症の疑いの症状があるなど、体調不良のときには、ご来庁をお控えいただき、郵送申請を行っていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

 

 申請には次の1から4の書類をご用意していただく必要があります。

1 国民健康保険傷病手当金支給申請書(世帯主記入用) [PDFファイル/50KB]

2 国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用) [PDFファイル/87KB]

3 国民健康保険傷病手当金支給申請書(事業主記入用) [PDFファイル/107KB]

4 国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用) [PDFファイル/79KB]


※医療機関を受診しないまま体調が改善した場合等は、「国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)」の記入は不要ですが、「国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)」に、事業主の証明を記入していただく必要があります。

※同一世帯の人以外の口座へ振り込む場合には、次の委任状が必要になります。

 委任状(傷病手当金) [PDFファイル/77KB]

※郵送での申請の場合、委任状には、委任者の本人確認書類の写しと、代理人の本人確認書類の写しを添付してください。

※窓口での申請時や、お電話での問い合わせ時に、本人確認をさせていただくことがあります。

申請書記入例

国民健康保険傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)記入例 [PDFファイル/57KB]

国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)記入例 [PDFファイル/89KB]

国民健康保険傷病手当金支給申請書(事業主記入用)記入例 [PDFファイル/303KB]

国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)記入例 [PDFファイル/100KB]

申請方法

 郵送または、上尾市役所保険年金課(市役所1階11番窓口)での受付


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)