ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 上尾伊奈防火安全協会からの殺菌線ロッカー等の寄附について

上尾伊奈防火安全協会からの殺菌線ロッカー等の寄附について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月12日更新

  記念写真に収まる関係者たち

 10月8日、上尾伊奈防火安全協会から、コロナ禍で救急・消防業務に従事する消防職員の感染防止対策として、殺菌線ロッカー4台およびCO2モニター2台の寄附があり、上尾市長から感謝状の贈呈が行われました。

 上尾伊奈防火安全協会の小川会長から「コロナ禍で、我々に何か貢献できることはないのかと考えた時に、上尾市民のため、日々頑張っている消防職員の感染症対策となることをやろうと会員から意見があり、このたびの寄附となった。消防職員の安心・安全のためにぜひ生かしてほしい。」と挨拶がありました。

 畠山市長からは「いただいた新型コロナウイルス感染防止資機材については、救急隊員をはじめとする消防職員の業務と健康管理のために、有効に活用させていただく。」と感謝の言葉が述べられました。

 消防長から寄附された資機材についての説明を受ける畠山市長 

 殺菌線ロッカーについては、東消防署などで救急業務で使用する感染防護衣の除菌に活用され、またCO2モニターについては、消防本部および東消防署の会議室において、効率的な換気を行うための判断材料として活用されるとのことです。

 CO2モニター