ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 株式会社きんとうん からマスクと除菌ジェルの寄贈がありました

株式会社きんとうん からマスクと除菌ジェルの寄贈がありました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月3日更新

株式会社きんとうんの坂口社長からマスクを受け取る畠山市長

6月2日、上尾市に事務所を構える株式会社きんとうんから、マスク5,000枚と除菌ジェルなどの寄贈がありました。

株式会社きんとうんは、主に企業向けに化粧品や生活雑貨の輸入・販売を行っている会社で、もともと台湾や香港、パキスタンやベトナムに独自の仕入れルートを確保していました。代表取締役の坂口氏によると、1月6日に仕事仲間から、武漢で新型コロナウイルスによる感染症が確認されたという話を聞き、日本でもマスクが必要になると考え、この数か月間マスクの確保や日本への輸入に奔走していたそうです。緊急事態宣言が解除されて一息ついたことから、何か地域に社会貢献できることはないかと考え、このたびのマスクと除菌ジェル等の寄贈につながりました。

畠山市長からは、「たくさんのマスクの寄附を頂き、感謝申し上げます。真心を感じましたし、大変温かい気持ちにさせてもらった。市でも3密に配慮しながら、市民の皆様の支援を行っているところで、緊急事態宣言が解除されたものの、この時期に第2波、第3波に備えなければならない。今回いただいたマスクや除菌ジェルなどは、医療、福祉、教育などの場で大事に使わせていただきます。」と話がありました。

左から株式会社きんとうんの坂口社長と畠山市長 情報交換を行う坂口社長と畠山市長たち

寄贈の後、坂口氏が主に取引している東アジアの国々の話を聞き、今後の新型コロナウイルスへの対応などの情報交換を行いました。