ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > ラグビーワールドカップ熊谷会場で「畔吉ささら獅子舞」が上演されました

ラグビーワールドカップ熊谷会場で「畔吉ささら獅子舞」が上演されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月2日更新

 ステージ上の畔吉ささら獅子舞

 9月29日、ラグビーワールドカップ2019日本大会・熊谷会場の「おもてなしエリア」で、市指定無形民俗文化財の「畔吉ささら獅子舞」が上演されました。

 これは、ラグビーワールドカップの試合が熊谷市で行われるのを機に、県内の民俗芸能等を通して、来場者に埼玉県を知ってもらうために行われたものです。
 「おもてなしエリア」である熊谷ドームの内と外それぞれに設けられたステージに1回ずつ出演し、他に「秩父音頭と皆野の祭り」や「木遣り・まとい振り・はしご乗り」なども上演されました。

 屋外ステージで上演された畔吉ささら獅子舞1 屋外ステージで上演された畔吉ささら獅子舞2

 屋外ステージで上演された畔吉ささら獅子舞3 屋外ステージで上演された畔吉ささら獅子舞4

 屋内ステージで上演された畔吉ささら獅子舞1 屋内ステージで上演された畔吉ささら獅子舞2

 屋内ステージで上演された畔吉ささら獅子舞3 屋内ステージで上演された畔吉ささら獅子舞4

 ジョージア対ウルグアイの試合を前に、来場者は熱心に見入っていました。

 畔吉ささら獅子舞に見入る来場者1 畔吉ささら獅子舞に見入る来場者2

 また、「おもてなしエリア」には県や市町村のブースも設けられ、各自治体は特産品等を販売したり、キャラクターを登場させたりして、来場者と触れ合いました。

 「おもてなしエリア」の熊谷ドーム 県南エリアのブース
 
 上尾市のブース アッピーと触れ合う来場者1 

 アッピーと触れ合う来場者2 アッピー・よしみん・ふっかちゃん