ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築安全課 > 危険ブロック塀等の撤去・築造補助金制度

危険ブロック塀等の撤去・築造補助金制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月8日更新

補助の対象と要件

工事着手前に必ず建築安全課に相談してください

危険ブロック塀等の撤去

高さ80センチ以上の塀又は門柱(ブロック塀、石造その他の組積造、万年塀)で、次の要件をすべて満たすもの

  • 下記の点検項目で不適合のあるブロック塀等の撤去工事で、その処理処分まで行うもの
  • 公衆用道路などに面するもの(隣地境界にある塀等は除く)
  • 市内業者によるもの
  • 同一敷地の申請は1回まで

ブロック塀の点検項目 (下記の項目に一つでも該当しないこと)

  1. 塀の高さは地盤から2.2メートル以下
  2. 塀の厚さは10センチ以上(塀の高さが2メートル超2.2メートル以下の場合は15センチ以上)
  3. 塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁がある(塀の高さが1.2メートル超の場合)
  4. コンクリートの基礎がある
  5. 塀に傾き、ひび割れはない
  6. 塀の中に適切な鉄筋が配筋されている(専門家のチェックが必要)
  7. 基礎の根入れ深さは30センチ以上(塀の高さが1.2メートル超の場合)

 

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の点検項目 (下記の項目に一つでも該当しないこと)

  1. 塀の高さは地盤から1.2メートル以下
  2. 塀の厚さは十分(10センチ以上)
  3. 塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁がある
  4. 基礎がある  
  5. 塀に傾き、ひび割れはない
  6. 基礎の根入れ深さは20センチ以上

万年塀の点検項目 (下記の項目に該当しないこと)

  1. 塀に傾き、ひび割れはない

 

補助対象とならないもの

  • 市の交付決定を受ける前に工事着手したもの
  • 販売を目的とした整地や開発行為等に伴うもの
  • ブロック塀の部分的な除却等の改修工事
  • 建築基準法第42条第2項道路の後退違反など、明らかに建築基準法違反があるもの

 

フェンス等の築造

危険ブロック塀などを撤去した後に、下記の条件で築造するフェンスなど

  1. 適法な軽量素材のフェンス等(原則高さ1.6メートルまで)
  2. 適法な原則高さ60センチ以下のブロック塀や石積で、適切に鉄筋が配置され、基礎の根入れ深さは原則35センチ以上のもの(その上にフェンス等を設置する場合は全体の高さが1.6メートルまで)
  3. 生垣(道路側に枝等が出ないように保全するもの)

 

補助対象とならないもの

  • 危険ブロック塀等は撤去済で、これからフェンス等を築造する場合

 

補助金額

危険ブロック塀等の撤去

1平方メートルあたり7,000円または工事額のうち少ない額(上限20万円)

フェンス等の築造

1メートルあたり15,000円または工事額の2分の1のうち少ない額(上限20万円)

 

申請の手続き

申請に必要なもの

交付申請書および添付書類

交付申請書(規則第1号様式) [PDFファイル/68KB]

添付書類

  1. 付近見取図
  2. 配置図(撤去および築造工事の範囲を明示)
  3. 立面図
  4. 現況写真
  5. 見積書の写し
  6. 承認図、施工図等(築造工事のみ)

申請先

市建築安全課(市役所6階)

 

手続きの流れ

手続きフロー [PDFファイル/289KB]

 

交付決定後に必要な様式

様式備考
交付決定後に必要な様式
中間状況報告書(要綱第2号様式) [PDFファイル/62KB]基礎配筋、根切等が施工図と照合できる写真などを添付
実績報告書(規則第4号様式) [PDFファイル/66KB]配置図、立面図、工事中・完了時の写真、工事請負契約書、産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票E票)の写しを添付
交付請求書(規則第6号様式) [PDFファイル/55KB]確定通知書の写し、口座振込依頼書を添付
計画変更報告書(要綱第1号様式) [PDFファイル/66KB] 
補助事業変更(中止)申請書 [PDFファイル/54KB] 
補助金口座振込依頼書 [PDFファイル/58KB] 
 

補助制度リーフレット [PDFファイル/931KB]

補助金交付要綱 [PDFファイル/272KB]

※ 本補助金は2021年3月までとなります

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)