ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > 振り込め詐欺に注意しましょう

振り込め詐欺に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月28日更新

 市内で、振り込め詐欺が多発しています。
 振り込め詐欺の特徴は、「すぐにお金を振り込まないと大変なことになる。」などとせかして、ゆっくりと考える時間を与えないことです。
 電話で息子や孫を名乗り、急に現金が必要などと言われると慌ててしまうかもしれませんが、電話でお金の話が出た場合は詐欺を疑ってください。
 日頃から、次の「振り込め詐欺被害防止3カ条」を意識し、被害にあわないように注意しましょう。

振り込め詐欺被害防止3カ条

その1 犯人からの電話に出ない

 犯人からの電話に出ないことが大切です。
 犯人は自分の声を録音されることを嫌がるので、在宅時でも留守番電話を設定することは、とても効果的です。
 また自動警告付き通話録音装置は着信前に自動メッセージで警告し、会話内容が自動録音されるため大変有効です。

 ※ 通話録音装置の無償モニターを募集します

その2 事実を確認

 相手が身内などを名乗ってもうのみにせず、本人に直接会うか電話をかけなおして、事実を確認してください。

その3 家族や警察に相談

 不審な電話がかかってきた時は、まずは家族や警察に相談してください。

 

振り込め詐欺の手口

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、新たに便乗した詐欺が確認されています。振り込め詐欺の手口はいつも同じではありません。 どのような詐欺があるのかを知っておきましょう。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺

 市役所職員を装い「コロナ対策でマスクと助成金の給付がある」などと言って、ATMを操作させる。

 「コロナウイルスを除去する機械を取り付ける工事をする」といった不審電話がある。

   埼玉県警:新型コロナウイルスに便乗した不審電話に注意!

ハガキによる詐欺

 「民事訴訟管理センター」等を名乗る機関からハガキが送られ、過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、それに関して「裁判所に訴状が提出された」「給与、動産物、不動産物の差し押さえ」などと脅して不安にさせたうえで、訴訟の取り下げ等について相談するよう、誘導する。 

  埼玉県警察:「民事訴訟管理センター」からのはがきにご注意!

オレオレ詐欺

 息子や孫などになりすまして現金やキャッシュカードを騙し取る。

  埼玉県警察:オレオレ詐欺にご注意

還付金等詐欺

 医療費などの還付手続きと嘘をつき、ATMで預貯金を送金させる。

  埼玉県警察:還付金等詐欺にご注意

架空請求詐欺

 嘘の料金・代金を請求し、現金を振り込ませる。

  埼玉県警察:架空請求詐欺にご注意

融資保証金詐欺

 融資の保証金などの名目で現金を振り込ませる。

  埼玉県警察:融資保証金詐欺にだまされないで

 

「おかしい」と思ったらまずは相談を

○緊急時 (電話)110
○上尾警察署 (電話)773-0110