ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > 自転車運転者に対する道路交通法が改正されました

自転車運転者に対する道路交通法が改正されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月22日更新

悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度が施行されます

平成27年6月1日より、悪質・危険な自転車運転者に対する
講習制度が施行されます。

自転車乗用中に信号無視等の危険行為(14の危険行為)を行い、
警察による交通違反の取締りまたは交通事故で
3年以内に2回以上摘発された場合
自転車運転者講習の受講が、公安委員会から命じられます。
(従わない場合5万以下の罰金)

加害者にも被害者にもならないために
交通ルールをきちんと守り、安全に自転車を利用しましょう。

14の危険行為

(1)信号無視【法第7条】

(2)通行禁止違反【法第8条第1項】

(3)歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】

(4)通行法区分違反【法第17条第1項、第4項または第6項】

(5)路側帯における通行方法違反【法第17条の2第2項】

(6)遮断踏切立入り【法第33条第2項】

(7)交差点安全進行義務違反等【法第36条】

(8)交差点優先車妨害等【法第37条】

(9)環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】

(10)指定場所一時不停止等【法第43条】

(11)歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】

(12)制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】

(13)酒酔い運転【法第65第1項】

(14)安全運転義務違反【法第70条】

以下のリンクからご覧いただけます。

道路交通法の一部改正(平成27年6月施行分)の概要 (埼玉県防犯・交通安全課)

自転車運転者講習制度について(埼玉県警察)

自転車の飛び出し