ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > 道路交通法施行規則の一部改正(平成24年4月施行分)の概要

道路交通法施行規則の一部改正(平成24年4月施行分)の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月3日更新

聴覚障害のある方の運転できる車両の種類が増えます。
また、右折可能の矢印信号で転回が出来るようになります。
4月1日以降は、右向きの矢印信号で車両が転回する場合があります。 
今までの感覚で「前の車両は右折するだろう」と決めつけず、「転回するかもしれない」と考えて、今までよりも慎重に運転しましょう!

改正の内容

1 聴覚障害者が運転できる車両の種類の拡大
2 矢印信号に関する規定の整備

1 聴覚障害者が運転できる車両の種類の拡大

 【改正前】
○普通乗用自動車に限定
【改正後】
○全ての普通自動車(従来の普通乗用自動車に加えて普通貨物車)
○大型自動二輪車
○普通自動二輪車
○小型特殊自動車
○原動機付自転車
の運転が可能に

2 矢印信号に関する規定の整備

【改正前】
○右折の矢印信号では転回できない
【改正後】
○右向きの矢印信号で右折、又は転回することができる