ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 資産税課 > 家屋を取り壊したら届け出を 

家屋を取り壊したら届け出を 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月25日更新

  家屋に対する固定資産税は、毎年1月1日現在、固定資産課税台帳に登録されている家屋に課税されます。家屋を取り壊した場合は所有者が届け出を行うことで、課税台帳から登録が抹消されます。早めに届け出をしてください。

届出方法

 登記の有無で方法が異なります。

(1)登記家屋(家屋番号あり): さいたま地方法務局上尾出張所へ滅失登記申請(資産税課への届け出不要)

(2)未登記家屋(家屋番号なし): 資産税課(市役所2階)へ家屋滅失届を提出 


※家屋を取り壊した場合は、土地の固定資産税額が変わる場合があります。

※年の途中で家屋を取り壊しても、その年度の税は全額を納めていただくことになります。

さいたま地方法務局上尾出張所(案内図)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)