ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人権擁護委員の活動

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

人権擁護委員の活動

上尾市人権擁護委員会では、「人権とは何か?」からはじまり、人権思想が広くみなさまの心の中に普及できることを願い、様々な人権啓発活動をおこなっています。

人権教室

人権教室は,いじめ等の人権問題について考える機会を作ることによって,市民の皆さんが相手への思いやりの心や生命の尊さを体得すること等を目的とした啓発活動であり,人権擁護委員が中心となって実施しています。

上尾市人権擁護委員会では、市内の保育施設・幼稚園・小学校・中学校を対象とし、年齢によってビデオや紙芝居・講話などの内容を工夫しています。

人権教室の様子人権教室様子人権教室様子

人権の花運動

人権の花運動は,おもに小学生を対象とした啓発運動です。子どもたちが人権擁護委員と花の苗や種子、球根などを協力し植え、育てることによって生命の尊さを実感しようというものです。豊かな心を育み,優しさと思いやりの心を体得することを目的としています。
市内では毎年4・5校の小学校を人権擁護委員がを訪問し、活動しています。

人権の花様子人権教室様子人権の花様子

イベント等における啓発活動

人権はだれにとっても大切なものであり、守られなければならないものです。一人一人が人権を尊重することの重要性を正しく認識し,他人の人権にも十分配慮した行動をとることができるよう,相手の気持ちを考えることが大切です。上尾市人権擁護委員会では、市内におけるあげお産業祭やヒューマンライツミーティング等の機会を活用して、啓発活動を行っています。

産業祭様子ヒューマンライツ様子