ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民協働推進課 > 令和3年度多文化共生ボランティア講習会を開催しました

令和3年度多文化共生ボランティア講習会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月7日更新 ページID:0284942

令和3年度 第1回 座学「災害時の外国人支援」

令和3年7月17日(土曜日)に多文化共生ボランティア講習会を開催しました。この講習会は埼玉県多文化共生ボランティア、または上尾市通訳翻訳ボランティアに登録している方や災害時の外国人支援に興味のある市民の方を対象に行いました。講師にはNPO法人多文化共生マネージャー全国協議会理事の高橋伸行さんにお越しいただき、災害時の外国人支援、災害時多言語支援センターの運営、やさしいにほんごについて講義していただきました。

12名の市民のみなさまが参加しました。多文化共生ボランティア講習会は2回シリーズで、次回の災害時多言語支援センター運営の実技訓練(12月開催予定)で今回学んだことを活かします。

今回の講習会は自治体国際化協会(CLAIR)の地域国際化推進アドバイザーの派遣制度を利用して行いました。

多文化共生ボランティア講習会 多文化共生ボランティア講習会

令和3年度 第2回 訓練「災害時多言語支援センター」

令和3年12月5日(日曜日)に災害時多言語支援センター運営訓練を行いました。第1回に引き続き、高橋伸行さんに講師としてお越しいただきました。災害時の避難所に日本語でのコミュニケーションが難しい外国人避難者がいるという想定で、やさしい日本語や英語を混ぜながら翻訳機などを用いて、ニーズの聞き取りや情報の提供を試みました。

市内および近隣市町村の多文化共生ボランティア登録者を中心に14名の方と外国人避難者役として4名の方にご参加いただきました。参加者アンケートでは、「宗教上、アレルギーなどいろいろな情報を得るということが大切だと感じた」「実地訓練は機会が少なく、良い体験になった」などの感想をいただきました。

多言語支援センター運営訓練 多言語支援センター運営訓練

 

多言語支援センター運営訓練 多言語支援センター運営訓練