ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 行政経営課 > 上尾市はセブン&アイグループ各社と地域活性化包括連携協定を締結しました。

上尾市はセブン&アイグループ各社と地域活性化包括連携協定を締結しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月8日更新

上尾市とイトーヨーカ堂、セブン&アイ・クリエイトリンク、セブン‐イレブン・ジャパンは『地域活性化包括連携協定』を締結しました。

 締結式   
左から(株)セブンイレブンジャパン 埼玉ゾーン 上尾地区ディストリクトマネジャー 齋藤 貴英様、(株)イトーヨーカ堂 埼玉ゾーンゾーンマネジャー 戸崎 聡様、
上尾市 畠山 稔市長、(株)セブン&アイ・クリエイトリンク CSR部総括マネジャー 石井 徹様

連携する活動内容

 「地産地消の推進に関すること」「観光・文化に関すること」「子育て支援及び青少年の健全育成に関すること」「高齢者等の見守り活動の支援と雇用促進に関すること」「健康増進、食育及び食の安全に関すること」「障がい者の支援に関すること」「災害対策、防災及び防犯に関すること」「環境対策に関すること」等、9分野について連携することとしています。

具体的な協働事業としては、「子育て支援及び青少年の健全育成に関すること」では、母子手帳提示による「黄色い楽だ便」「ネットスーパー」配達料金の割引、母子手帳カバー・マタニティストラップの無償提供、赤ちゃん休憩室(相談室)での行政サービスPRすることなどとなります。

「高齢者等の見守り活動の支援と雇用促進に関すること」では、認知症サポーターの養成から見守り活動の推進育成、認知症カフェ開催の協力、高齢者などの雇用促進、店舗を活用した介護予防事業の検討などとなります。

「災害対策、防災及び防犯に関すること」では、災害時の食料品や日用品の提供、AEDの利用促進、駐車場、駐輪場の開放などとなります。

その他、市の選挙における店内投票所の設置など公的イベントへの協力など多方面での活動が展開される見込みです。

上尾市長及びセブン&アイグループ各社 会社代表のコメント

上尾市長 畠山 稔(はたけやま みのる)
 本市は、今年度、市制施行60周年を迎えました。この記念すべき年に、本協定が締結できることを心より感謝申し上げます。
 セブン&アイグループの皆様には、これまで、地域社会の活性化対策、雇用対策、環境対策、防災協定等といったことで、たいへんなご協力をいただいてまいりましたが、このたびの協定をきっかけに、まずはアリオ上尾に期日前投票所を設置していただけることになり、大変嬉しく思っております。これにより、投票率の向上が図られるものと期待しているところでございます。
 このほか、地産地消の推進や子育て支援に関することなど、さらなるご協力をいただけることとなりましたこと心より御礼申し上げます。
 今後、セブン&アイグループの皆様との協定により、新たに発展的な取組が生まれ、この成果を、市民の皆様に還元できますことを祈念しまして、あいさつといたします。

 株式会社イトーヨーカ堂 埼玉ゾーン ゾーンマネジャー 戸崎 聡(とさき さとし) 様
 市制60周年を迎えます上尾市と地域活性化包括連携協定を結ぶことができたことを心より感謝申し上げます。
 上尾市が今後、明るい将来、希望を持てる市として前を向いて進んでいくという市長のメッセージを強く感じ、微力ながらでも私たちの店舗、あるいは私たちの従業員がご貢献させていただければと思う気持ちで今回の締結式に臨ませていただきました。さらには、地域の活性化につながることであればどんな壁も通り越して、様々なことにチャレンジをさせていただきたいと思います。本日を機会に良いスタートを切れればと思っておりますのでよろしくお願いします。

株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク CSR部総括マネジャー 石井 徹(いしい とおる) 様
 
セブン&アイ・クリエイトリンクはアリオ上尾の建物の運営管理、各種イベントの運営をしている会社でございます。以前より誘致を検討していた期日前投票所をこの春に設置できると伺い、このタイミングで実ったことを大変喜ばしく感謝申し上げます。
 近年では物を販売するモノ商品から空間・時間を快適に過ごすなどのコト消費というように消費行動も移ってきており、その変化に対応できるより良いショッピングモールを作っていきたいと考えております。この協定を結ばせていただいた中で、さらに上尾市と連携を深めて、地域に根差すショッピングモールとしまして、より市民の皆様に様々なサービスを提供できることを考えてまいりたいと思います。

株式会社セブン-イレブン・ジャパン 埼玉ゾーン上尾地区ディストリクトマネジャー 齋藤 貴英(さいとう たかひで) 様
 
セブン-イレブンの店舗が、地域に根ざした営業をさせて頂く中で、「小売店」であるだけでなく、もはや「社会インフラ」としての役割を担う存在になったと申し上げても過言ではないと存じます。
 今回の包括連携協定をきっかけに、上尾市との連携を更に深め、一過性でなく、持続性を持って取り組んで参ります。
 今後につきましては、営業を通した高齢者の見守り、また高齢者などの雇用促進、災害時の連携など市民の皆様に「安全・安心」をお届けできるように上尾市との取り組みを強化して参ります。