ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 上尾の指定文化財 

上尾の指定文化財 

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年11月24日更新

 文化財保護法では、指定文化財の種類として有形文化財・無形文化財・民俗文化財・記念物・文化的景観といった種類があります。上尾市内の指定文化財には、このうち無形文化財と文化的景観は該当がなく、有形文化財と民俗文化財、記念物に大別されます。
 さらに、有形文化財は建造物・絵画・彫刻・工芸品・古文書・考古資料・歴史資料といった分類があります。書跡・典籍といった分類もありますが、市内には該当がありません。民俗文化財には有形民俗文化財と無形民俗文化財に分類されます。記念物は、史跡・天然記念物といった分類があります。名勝といった分類もありますが、市内には該当がありません。
 ここでは、上尾に所在する文化財の一部を紹介しています。

有形文化財-建造物

社寺の本殿や山門など

有形文化財-彫刻

仏像や建物や山車の彫り物など

有形文化財‐工芸品

金工品や漆製品、木工品など

有形文化財-古文書

近世の地方文書など

有形文化財-考古資料

石器や土器、板碑など

有形文化財-歴史資料

歴史的な事象を物語る資料

有形民俗文化財

絵馬や庚申塔信仰の様相を示すものなど

無形民俗文化財

民俗芸能や民俗行事、民俗技術など

史跡

古墳や墓地、歴史的に重要な遺跡など

天然記念物

樹木など

上尾の文化財へ

上尾の指定・登録文化財一覧へ