ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防犯情報学校教育情報市立幼稚園・小中学校y生涯学習・文化芸術文化財・歴史スポーツ・レクリエーション夢・感動 写真館公民館講座・教室図書館

 

 ようこそ、上尾市教育委員会Webサイトへ!!

 上尾市教育委員会では、「夢・感動教育 あげお」を基本理念とする「第2期上尾市教育振興基本計画」を策定し、さまざまな教育施策を実施しています。
 この理念にある 「夢」という言葉は、知・徳・体の調和のもと、目標・志を持って自己実現を目指し、変化の時代をたくましく生き抜く自立した人間を育成する教育を実践すること、「感動」という言葉は、人と人とのつながりや学校・家庭・地域のつながりの輪を広げ、一体となって、共に生きることの素晴らしさ、尊さを享受し、感動する心を大切にする教育を実践することを、教育委員会の願いや決意や、家庭、地域の皆さまなど ”教育”に関わりをいただいているすべての皆さま方の情熱、絆、希望を込めて表現したものです。

上尾市立原市中学校生徒がJRより感謝状を頂きました!


上尾市立原市中学校3年生 河西君、真田君、ディナムリン君、伏見君、加藤木君が、踏切故障に伴うひどい交通渋滞が起こっていたところに通りかかり、踏切が開くのを待っている車の運転手に、警察官と共にすすんで事情を説明し、交通整理の手伝いを行いました。これらの行動により、JRから感謝状を頂き、教育長へ報告を行いました。

 

原市中生徒達

 

 

(河西君)踏切の故障によって起きた渋滞を、周りの歩行者や自転車に呼びかけをし、JRより感謝状を頂きました。

河西君

 

 

 

 

                                                     

 

 

真田君

 

 

 

 

(真田君)河西真吾君が主体なって交通整理の手伝いを行った。何百人もの人たちの手助けができたので、これからもこのような機会があったら、河西君のように先頭きって勇気ある行動をしたい。

 

 

 

(ディナムリン君)

河西君が中心となって、警察の方々と交通整理を行った。

河西君が居なければ4人ではできなかった。

ディナムリン君

 

 

 

 

 

 

 

(伏見君)河西君が声掛けをしてくれたので、出来た。また機会があったらみんなで行いたい。

伏見君

 

 

 

 

 

 

 

加藤木君

 

 

 

 

 

(加藤木君)

感謝状をもらうつもりでやったわけではないが、渋滞がひどく行動に移した。これから、人助けをもっとやっていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育長   警察が到着するまでの20分から30分の間、5人自ら交通渋滞の緩和に努め、河西君を中心に他の4人も行動を共にしてくれたことは大変素晴らしいことだと思います。

 学校の中だけではなく、社会の中で、行動をしてくれたことは一人の人間として素晴らしいことだと思うし、上尾市の生徒としても誇らしく感じます。

 渋滞で待っていた運転手さん達も、君たちの行動を見て、『世の中決して捨てたものじゃない。』と良い気持ちになったと思います。これからもこの経験を大事にしていってください。      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合写真  感謝状

 

 

 

 

※このコーナーは、不定期に更新します。