ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 入学準備金貸付制度について 

入学準備金貸付制度について 

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 学習意欲がありながら経済的理由により修学が困難な生徒、学生の保護者に入学準備金をお貸しします。

対象

 次の1から4のすべての条件に該当する人
   
1市内に引き続き1年以上居住し、市税を完納している 
2高等学校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)、高等専門学校、大学および短期大学、専修学校(高等課  程・専門課程)への入学が確実な人の保護者 (各種学校は対象外)
3入学準備金の調達が困難 
4連帯保証人がいる

※貸し付けに当たっては、所得状況などをもとに貸し付けの可否を審査します。

貸付審査にあたっての所得の上限目安

(所得とは税法上の総所得金額を指します)

対象世帯構成上限所得の目安
高校入学両親と中学生(対象)の3人世帯600万円程度
高校入学両親と中学生(対象)、小学生の4人世帯770万円程度
大学入学両親と高校生(対象)の3人世帯550万円程度
大学入学両親と高校生(対象)、中学生の4人世帯740万円程度

申し込み

※現在は申し込み期間外です。申し込み時期になりましたら、事前に市広報や市ホームページでお知らせします。

返還方法

 6カ月据え置き後、四半期ごと(10・1・4・7月の各末日の年4回)に口座振り替えで返還していただきます。
  20万円/17回割賦(12,000円×16回+8,000円×1回) 
  30万円/13回割賦(24,000円×12回+12,000円×1回) 
  50万円/17回割賦(30,000円×16回+20,000円×1回)

貸付額

区分貸付額
高校・高専・専修学校高等課程国公立20万円
私立30万円
大学・短大・専修学校専門課程国公立30万円
私立50万円