ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 馬蹄寺のモクコク 

馬蹄寺のモクコク 

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月9日更新

上尾市文化財紹介(埼玉県指定:記念物:天然記念物)

(ふりがな)   ばていじのもくこく 
【文化財名】  馬蹄寺のモクコク
【種別】     記念物・天然記念物
【員数】     1本
【指定年月日】 埼玉県指定(昭和7年3月31日)
【所在地】    馬蹄寺(上尾市平方)
【概要】   
 モクコクはツバキ科の単木で、暖地の山野に分布する常緑喬木です。6から7月に5弁の白い花を下向きにつけ11月ごろに種を付けます。
 「モクコク」は山門を入って右側、本堂前にあります。埼玉県の文化財指定は大正11(1922)年に始まっており、したがって、「馬蹄寺のモクコク」の指定は市内で最も早い例です。幹周り約2.57mの太い幹から四方へ17本の大枝が半径7から8mに広がり、高さは約12.5mで、樹齢は200年以上と推定されています。
なお、「モクコク」の根元には「鈴木荘丹俳諧歌碑」1基(市指定文化財)が建っています。

市刊行物のご案内

上尾市文化財調査報告
第62集上尾市指定天然記念物診断結果報告書(平成11年8月6日)
上尾市史
第九巻別編2 金石・文化財(平成11年3月31日)

馬蹄寺のモクコク

モクコク

文化財保護関係刊行物へ

市史関係刊行物へ

施設マップはこちら