ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > 消火器の事故防止

消火器の事故防止

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月22日更新

 消火器は火災発生時の初期消火に大変有効なものですが、腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し受傷する事故も発生しています。
  
 そこで、消火器の事故防止のポイントについてお知らせします。

1 こんな消火器は絶対に使用しないでください!

溶接部とその周辺の腐食 ボツボツした腐食

 消火器が風雨にさらされる場所や湿潤な場所などに設置されていないかを確認するとともに、消火器の状態を点検し、腐食が進んでいるものは、絶対に使用しないでください。

2 消火器の維持管理

 消火器の設置場所は、できるだけ風通しが良く、目に付きやすい場所とし、風雨にさらされる場所、湿潤な場所などを避けてください。 

3 消火器の廃棄

  以下のページを参照してください。

 消火器の処分方法