ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > 住宅用火災警報器は10年を目安に交換しましょう

住宅用火災警報器は10年を目安に交換しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月31日更新

  本市では、平成18年6月1日から新築住宅に、平成20年6月1日から既存の住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。平成28年は、新築住宅への設置が義務付けされてから10年が経過します。
  この住宅用火災警報器、10年を目安に交換することが推奨されています。皆様のお宅の住宅用火災警報器は、設置されてから何年経っていますか?この機会に確認してみましょう。

アッピー 住警器

 「住宅用火災警報器の広報用映像」 リンク先:総務省消防庁

どうして交換しなければいけないの?

  住宅用火災警報器の電池の寿命は、一般的なもので約10年と言われています。『電池切れならば、電池を交換すれば良いのでは?』と思われるかもしれません。しかし、古くなると本体内部の電子部品の劣化により、火災を感知しなくなるおそれがあります。皆様自身だけでなく、皆様の大切なご家族や財産を守るためです。10年を目安に、本体を交換しましょう。

とりカエル文     とりカエル①

 「住宅用火災警報器 交換のおすすめ 10年たったら、とりカエル。(広報映像)」 リンク先:総務省消防庁

電池切れのサインは?

  「電池切れです」の音声または「ピッ」との警報音によりお知らせします。
  なお、警報音等が鳴る間隔はメーカーによって異なりますので、説明書またはホームページにてご確認ください。

電池切れ

取り付けのお手伝いをします!!(取り付けサポート制度)

  住宅用火災警報器を購入したけれど、「取り付け方がわからない」または「難しくて困っている」というご家庭を対象に、消防職員が皆様のお宅へ直接お伺いし、取り付けを行うものです。費用は一切かかりません。
  ただし、消防職員は取り付け作業のみを行いますので、住宅用火災警報器は事前に購入をお願いします。


          取り付け          取り付け

 

  詳しくはこちらから → 住宅用火災警報器の取り付けをサポートします

 

お問い合わせ

 消防本部予防課(上尾市大字上尾村537番地) 電話番号:048-775-1314

 受付日時:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時15分