ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 水害時の消毒方法について

水害時の消毒方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月17日更新

水害時の衛生対策と消毒

家屋等が浸水した場合

 豪雨等で家屋等が浸水した場合、洗浄により十分汚れを落とし、水気を取ってから消毒をしてください。(汚れたままだと消毒の効果が十分発揮しません。)

衛生対策について

1 床上浸水の場合

(1) 汚泥や濡れた畳や家具を片付けます。
(2) 床下に残った水を雑巾等で吸い取り扇風機で風を入れるなりできるだけ乾燥させます。
(3) 汚れた家具や床、壁等を洗い雑巾で拭きとります。
(4) 食器類や調理器具等は十分水洗いをし汚れをきれいに落とします。 

2 床下浸水の場合

(1) 汚泥や不要なものをかたづけます。
(2) 床下に残った水を雑巾等で吸い取り扇風機で風を入れるなりできるだけ乾燥させます。

3 食中毒、感染症の予防について

(1) 受水槽は、安全と衛生を点検・確認をしてから使用してください。
(2) 水に浸った食品や停電により保存温度が保てなかった食品はできるだけ破棄してください。
(3) 清掃の後や食事の前はしっかり手を洗ってください。
(4) からだに異常を感じたら早めに医療機関で受診してください。

家庭での消毒方法

 庭が浸水した場合、水が引いた後、植木や外壁、カーポート等を水道水で洗い流してください。
 消毒をする場合、消毒薬は色々なものが販売されていますが、薬に過敏な人もいますので、取扱説明書を確認してから使用してください。
 消毒薬を取り扱う際にはマスク、ゴム手袋などを使用するとともに、皮膚や目にかからないよう注意してください。また、皮膚についた場合、水と石鹸でよく洗い流し、目に入った場合は、15分以上洗い流し、医師の診断を受けてください。
 消毒薬は使用する前に希釈し、希釈濃度を守るとともに、他の消毒薬や洗剤と混ぜて使用しないでください。
消毒方法の例
消毒対象消毒薬調製方法(例)使用方法

屋外、床上浸水又は床下浸水した床下

0.1%塩化ベンザルコニウム(逆性石鹸)10%塩化ベンザルコニウム10mℓに水を加えて1ℓとする。泥水や水を取り除き、風通しを良くし、十分に乾燥させてから、ジョウロ等で散布する。
屋内(汚水に浸かった壁面や床、家財道具)泥などの汚れを洗い流すか、雑巾などで水拭きしてから、薄めた液を浸した布などでよく拭く。
手指(後片付けなどで汚染された箇所や土に触れた手指)汚れを石鹸で洗った後、流水で石鹸をよく落とし(石鹸が残っていると殺菌力が低下します。)洗面器などに入れた消毒液に手首まで浸し、30秒以上もみ洗いをし、乾いたタオルなどでよく拭きとる。
食器類0.02%次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤でも可)様々な濃度の製品があるため取扱説明書で確認してください。食器等を水洗いした後、消毒液に5分以上浸し、自然乾燥させる。(家庭用塩素系漂白剤を用いた場合は、水ですすぐ。)