ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理防災課 > 全国瞬時警報システム(J-ALERT)

全国瞬時警報システム(J-ALERT)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月28日更新

全国瞬時警報システム(J-ALERT)の運用を開始します


■J-ALERT(ジェイ アラート)とは?
  緊急地震速報や有事関連情報などの対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、人工衛星を用いて国から市に瞬時に伝達し、市の防災行政無線から即座に放送することにより、皆さんに注意を呼びかけるシステムです。限られた時間の中で避難行動などをとることで、被害を最小限にとどめることを目的としています。
 なお、防災行政無線からの放送はシステムにより自動で行われますので、24時間いつでも放送されます。

システム図


■このような内容が放送されます
 下表のそれぞれの放送内容を3回繰り返した後、「こちらは防災あげおです」が流れ放送が終了します。
 受信情報のほか、東海地震、火山情報も放送します。

受信情報

警報音など

放送内容

緊急地震速報(※1)
【震度5弱以上】

NHKチャイム音(※2)

「緊急地震速報。大地震(おおじしん)です。大地震です。」

弾道ミサイル情報

 

有事サイレン(※3)

【14秒】

 

「ミサイル発射情報。ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」

航空攻撃情報

「航空攻撃情報。航空攻撃情報。当地域に航空攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」

ゲリラ・特殊部隊攻撃情報

「ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」

大規模テロ情報

「大規模テロ情報。大規模テロ情報。当地域にテロの危険が及ぶ可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」


※1 地震による強い揺れを事前にお知らせしますが、震源が近い時などは放送が間に合わないことがあります。
※2 NHKチャイム音は、NHKの緊急地震速報のサイトで試聴することができます。
※3 有事サイレン音は、内閣官房の国民保護ポータルサイトで試聴することができます。


■放送が流れた場合
(1)緊急地震速報のとき
  地震が来る数秒前の放送のため、直ちに身の安全を確保して危険な場所から遠ざかってください。

 

 

(2)有事関連情報のとき
  屋内に避難し、テレビやラジオから詳しい情報を得るとともに、市からの情報に注意し落ち着いて行動してください。


■訂正放送
 J-ALERTは、消防庁が送信した情報を受信し、自動で市の防災行政無線を起動させて放送するため、誤報などの可能性もありますが、その場合には訂正放送をします。