ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 行政経営課 > 第5次上尾市総合計画後期基本計画の策定経過 

第5次上尾市総合計画後期基本計画の策定経過 

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月24日更新

第5次上尾市総合計画後期基本計画の策定に取り組んでいます。

 総合計画は、地方自治体におけるまちづくりの総合的指針であり、本市でも昭和45年度から総合計画を策定し、これに沿ってさまざまなまちづくりの施策を展開してきました。平成23年3月に策定した「第5次上尾市総合計画」では、「笑顔きらめく “ほっと” なまち あげお」を将来都市像に掲げ、「協働」「自立」「共生」「独創」というまちづくりの基本理念に基づき、各施策を推進していくこととしています。

 現在実施している前期基本計画は、平成27年度末をもって5年間の計画期間が満了となるため、近年急激に変化している社会情勢や今後の人口減少社会の到来も踏まえ、将来を見据えた後期基本計画を策定していく必要があります。

 そこで、前期基本計画の進捗状況、問題点および課題等について整理・分析するとともに、時代の変化等に対応した計画として、平成28年度から平成32年度までを計画年次とする第5次上尾市総合計画後期基本計画の策定に取り組んでいます。

1、計画の構成と期間

 この計画は、基本構想・基本計画・実施計画によって構成されます。

 【基本構想】

 基本構想は、本市のまちづくりの基本的な理念と目指すべき姿や方向性の大筋を示すもので、平成23年度を初年度とし、平成32年度を最終年度とする10か年構想です。

 【基本計画】

 基本計画は、基本構想に沿って市民・事業者(企業)・行政が進めるべきまちづくりの施策、行動内容を具体的、体系的に示すもので、基本構想期間の10年間を前期と後期に分けた5か年計画です。前期基本計画は基本構想と同時に策定します。

 【実施計画】

 実施計画は、基本計画に掲げた施策のうち、本市が行う具体的事業の内容に財政状況を勘案して示すもので、計画期間を3か年とし、毎年度見直しつつ向こう3か年の計画を、「行財政3か年実施計画」として定めていきます。

計画の構成と期間

2、策定体制

 

全体イメージ図

3、策定経過など

 第5次上尾市総合計画後期基本計画策定方針 [PDFファイル/309KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)