ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新着情報

 校長あいさつ
   第14代 校長 大塚 明(H24.4.1から)

校長

 みなさんこんにちは。校長の大塚明です。大石南小学校に赴任して3年目になります。今年度も御世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
 今年度は、1年生60名が入学し、児童数357名、昨年度より1クラス減り14学級(内特別支援学級2学級)でスタートいたしました。新しい教職員、新しい組織となり、私たち教職員一同、心を1つにして保護者の皆様や地域の皆様の信託に応えられるよう学校教育目標の実現に向けて、児童の指導に当たって参ります。保護者の皆様、地域の皆様方の温かい御支援・御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 本校の目指す学校は、   地域と共に生きる 『元気と温もりのある学校』
   から家庭・地域と一体となった教育の推進から
 「児童が明るく素直で、笑顔、積極性、感謝を大切にする学校」
 「児童の一人一人の個性を生かす学校」
 「児童にとって居がいのある魅力ある学校」です。

大石南小学校児童のキャッチフレーズ
(1) 大 大きなあいさつ 
(2) い いつも元気に
(3) し しっかり学び
(4) み みんな 
(5) な なかよし 
(6) み みなみっ子 

 学校経営の柱として、「一期一会」「凡事徹底」「礼節」を掲げました。「一期一会」では、人との出会いを大切にし、人との関わりを大事にし、多くのことを学べる児童を育成したいと考えます。また、「凡事徹底」では、当たり前のことが当たり前にでき、徹底することにより、よりすばらしい態度を身付けることと考えます。最後は、「礼節」です。人様に礼を尽くせることです。人に心遣いができる、思いやりのある人を育てたいと考えます。特に、「さわやかなあいさつ」を年間を通して目標にし、大石南小学校の児童のあいさつは、すばらしいと言えるよう努力して参ります。
   また、今年度の研究の中心は、道徳教育です。児童一人一人の生活を見直し、一人一人のよさを発見し、そのよさを伸ばしていく中で児童の自主性を育み、主体的に前向きに生きていく力を育て、コミュニケーション能力を育成する中で、豊かな心を育んで参ります。
 学校は、児童、教師、保護者、地域の方々との人間的なふれあいをとおして、お互いの絆を深め、地域に生きる、地域に誇れる学校づくりを目指して参りますので、保護者の皆様ならびに地域の方々の更なる御支援と御協力をよろしくお願いいたします。

guranndodezainn 

 大石南小学校アルバム