ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障害福祉課 > 重度心身障害者福祉手当 

重度心身障害者福祉手当 

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月10日更新

 重度心身障害者へ支給する手当で、次のとおり支給します。

 重度心身障害者の対象になる人

  • 身体障害者手帳1・2級の人
  • 療育手帳マルA・A・Bの人
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級の人

手当額(月額)

  • 身体障害者手帳1・2級、療育手帳マルA・A、精神障害者保健福祉手帳1級の人 5,000円
  • 療育手帳B、精神障害者保健福祉手帳2級の人 2,500円

支給方法

 原則3月・9月の24日に、指定の口座に振り込みます。(申請月の翌月分から)
 なお、24日が土曜日または日曜日のときは、その直前の平日となります。

手当の受給ができない人

  • 施設に入所している人
  • 特別障害者福祉手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当を受給している人
    (平成22年1月より、身体障害者手帳1・2級のほかに療育手帳マルA・Aの障害のある20歳未満の人は、障害児福祉手当と併せて重度心身障害者福祉手当を受給できます)
  • 65歳以後に障害者手帳の交付を受けている人
    (平成22年3月以前に対象となる障害者手帳の交付を受けている人は除きます)

市県民税の課税状況による支給制限

 障害者本人に市県民税が課税されているときは、その年の8月から翌年の7月まで支給停止になります。(課税状況は毎年8月に審査しています)

申請手続き

 次のものを持参して障害福祉課(市役所2階4番窓口)で申請の手続きをしてください。

  • 身体障害者・療育・精神障害者保健福祉のいずれかの手帳
  • 本人名義の口座内容が分かるもの(18歳未満の障害児は保護者名義でも可能)
  • 市県民税の(非)課税証明書(市外から転入の人)