ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > スポーツ振興課 > 柔道オーストラリアチームへの応援メッセージ動画を制作しました!

柔道オーストラリアチームへの応援メッセージ動画を制作しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月19日更新

 上尾市は、伊奈町・埼玉県と共に、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける柔道オーストラリアのホストタウンとなっています。
 ホストタウンとは、大会参加国とその地域の住民が交流する取り組みのことです。上尾・伊奈・埼玉では今大会のみならず、将来にわたって柔道オーストラリアとの事前キャンプをはじめとした様々なスポーツや文化の交流を予定していました。
 しかし残念なことに、新型コロナウイルス感染症の拡大により今大会で予定されていた事前キャンプ等の交流事業は中止になってしまいました。
 そこで私たちは柔道オーストラリアを応援するため、市民の方々と協力して応援メッセージ動画を制作いたしました。
 動画は上尾市・伊奈町の団体から、柔道オーストラリアにエールを送る内容となっております。
 東京2020オリンピック本番まではあとわずか。みんなで柔道オーストラリアを応援しましょう!

動画は上尾市Youtube公式チャンネル(あげtube)および伊奈町Youtube公式チャンネルで配信されています。
上尾・伊奈から柔道オーストラリアへ向けての応援メッセージ

動画の参考画像

 【制作】
 上尾市スポーツ振興課
 伊奈町生涯学習課

 【出演者】
 上尾市長 畠山稔
 伊奈町長 大島清
 上尾市立芝川小学校 代表委員会
 上尾市 柔道教室
 伊奈町立小針中学校 柔道部
 伊奈町 菊池道場

 【協力】
 上尾市観光協会
 トミーズ外語

東京2020オリンピック競技大会の結果について

 東京2020オリンピック競技大会が終了いたしました!

 柔道オーストラリアの選手は全員がベスト16位でした。

 熱い試合をありがとうございました!


ネイサン カッツ選手 

7月25日(日曜日)男子66kg級

ベスト16

1回戦 勝ち 対 ファン・ポスティーゴス選手(ペルー)

2回戦 負け 対 バルチ・シュマイロフ選手(イスラエル)

 

カトリーナ ハッカー選手

7月27日(火曜日)女子63kg級

ベスト16

1回戦 勝ち 対 ギリ・シャリール選手(イスラエル)

2回戦 負け 対 ユール・フランセン選手(オランダ)

 

イファ コグラン選手

7月28日(水曜日)女子70kg級

ベスト16

1回戦 勝ち 対 キナウア・ビリボ選手(キリバス)

2回戦 負け 対 ジョバンナ・スコッチマロ選手(ドイツ)

柔道オーストラリアについて

 上尾市・伊奈町・埼玉県は2018年11月に、柔道オーストラリアと事前トレーニングキャンプに関する覚書を締結しました。それ以来、柔道オーストラリアとは事前キャンプをはじめ、市柔道教室との練習会や小学校での交流事業など、様々なスポーツ・文化交流を行っています。
 東京2020オリンピック・パラリンピックでは、上尾市にある県立武道館を練習施設、伊奈町にある県民活動総合センターを宿泊施設として事前キャンプを行う予定でした。

 今大会には、以下の選手三名とコーチが出場します。

Natahan Katz / ネイサン カッツ
男子66kg級  26歳 ビクトリア州出身
リオ五輪に続き2大会連続の五輪出場。
2014から14年、3年連続で豪州Jr選手権優勝。14年にはオセアニアJr選手権で優勝。
翌15年世界Jrで9位。
両親共に国際舞台で活躍した柔道一家の長男に生まれる。
母親のケリーは北京五輪(公開競技)に出場。弟のジョシュ(60kg級)と共にリオ五輪に出場した際、
父親のロブはコーチを務めた。

Katharina Haecker / カトリーナ ハッカー
女子63kg級  28歳 ドイツ ハンブルグ出身
オーストラリア人の父親とドイツ人の母親の間に誕生。6歳からハンブルグで柔道を始め、数多くの
ジュニアタイトルを獲得しました。高校卒業後、競技を離れオーストラリアを訪問。
自身のルーツであるオーストラリアを体感してドイツに帰国。
オーストラリア代表として五輪出場を決意し、国籍を取得。現在のコーチでありパートナーであるアレックスと
トーレーニングを開始し競技に復帰。階級を57kg級から現在の63kg級に変更。
2014年にオセアニア選手権に出場し、同年コモンウェルスゲームズ(英連邦競技会)に出場し銅メダル獲得。
15から16年オセアニア選手権で優勝を果たしリオ五輪に出場。2回戦で田代未来(日本)に敗れる。
18年チュニスGPで銅メダル、19年マラケシュGPで銀メダル獲得。20年にはテルアビブで優勝。
オーストラリア人として初めてIJF(国際柔道連盟)ツアー大会を制した。
東京五輪にはリオ大会に続き2大会連続の出場。

Aoife Coughlan / イファ コグラン
女子70kg級  25歳 ビクトリア州出身
イファの両親はアイルランド出身。柔道を通じて出会い結婚しオーストラリアに移住。
イファは5歳で柔道と出会う。兄のエイオン(81kg級)はリオ五輪に出場。妹のメーヴ(63kg級)は世界Jr選手権に出場し活躍。
イファはビクトリア大学で運動科学を学びながら競技生活を続け、東京五輪を目標に数多くのタイトルを獲得。
18年アジアオープン、19年欧州オープンで銅メダルを獲得。今年は初め、最もハイレベルな大会、ドーハマスターズ大会で5位入賞。
先月の世界選手権ではランキングトップ選手を相次いで破り、ベスト8に進出する快挙を見せた。
五輪初出場。

Daniel Kelly / ダニエル ケリー
コーチ  43歳 ビクトリア州出身
2000から2012年 4大会連続五輪出場。リオ五輪に続き2回目の五輪コーチ就任。

■競技日程
7月25日(日曜日) 男子66kg級 ネイサン カッツ
7月27日(火曜日) 女子63kg級 カトリーナ ハッカー
7月28日(水曜日) 女子70kg級 イファ コグラン