ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 被覆を要する土壌くん蒸剤の適正な取扱いについて

被覆を要する土壌くん蒸剤の適正な取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月3日更新

被覆を要する土壌くん蒸剤の適正な取扱いについて

クロルピクリン剤を使用する場合は、次のことに注意してください。

 

1 被覆を要する土壌くん蒸剤を使用する場合は、防護マスク等の着用や施用直後に適切な材質、厚さの資材を用いて被覆を確実に行う等の安全確保を徹底してください。

2 クロルピクリン剤の施用直後に完全に被覆をしてください。ビニールハウスなどの施設内でクロルピクリン剤を使用する場合であっても、施用直後に完全に被覆をしてください。臭気が残っている間は、施設内に立ち入らないようにしてください。

3 住宅地の近隣ではクロルピクリン剤を使用しないでください。やむを得ず使用する場合は、住民等に健康被害が生じないよう最大限注意してください。事前に十分な時間的余裕をもって周知してください。

4 深層土壌くん蒸処理を行う場合は、その処理法に適した機材を使用し、薬液注入の深さや注入後の土壌鎮圧等に十分注意してください。

 

農林水産省のホームページはこちら

https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/200715.html

チラシはこちら

クロルピクリンは被覆が必要です! [PDFファイル/163KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)