ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療傷病手当金の支給について 

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療傷病手当金の支給について 

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新

 被保険者本人が新型コロナウィルスに感染または感染の疑いのため、仕事を休んだ場合、その期間について一定の金額を支給する制度です。

対象者

 次の 1から4 をすべて満たしている人

1 後期高齢者医療制度の被保険者

2 勤務先から給与の支払いを受けていること(被用者であること)

3 新型コロナウイルス感染症に感染し、または発熱等の症状があり感染が疑われ、その療養のために就労できなかった期間があること

4 就労できなかった期間に、就労を予定していた日があり、その給与の全額または一部の支給が受けられなかったこと

支給内容

支給対象期間

 就労できなかった期間のうち、はじめの連続して休んだ3日間を除き、4日目以降の休みの期間。(ただし、入院が継続する場合等は、最長1年6カ月間)

※「4日目」が令和2年1月1日から9月30日の間であることが必要です。

支給対象となる日数

  支給対象期間に、就労を予定していた日数

支給額

 1日当たりの支給日数=(直近の継続した3月間の給与収入の合計額÷就労日数)×3分の2×支給対象となる日数

※給与等の全部または一部が支払われる場合や休業補償を受けことができる場合、その金額により減額となったり、支給されないことがあります。 

※支給額には上限があります。

適用期間

 令和2年1月1日から9月30日の間で、療養のため就労できない期間。
 (ただし、入院が継続する場合等は、最長1年6カ月間)

申請から振込までの期間

 申請書受付後、埼玉県後期高齢者医療広域連合の審査を経て、翌月末までに振込(予定)。

時効

 支給対象日ごとに、支給対象となる日の翌日から起算して2年。

申請方法

申請に必要なもの

 申請には次の1から4の書類をご用意していただく必要があります。

1 後期高齢者医療傷病手当金支給申請書(被保険者記入用 1)・記入例 [PDFファイル/266KB]

2 後期高齢者医療傷病手当金支給申請書(被保険者記入用 2)・記入例 [PDFファイル/427KB]

3 後期高齢者医療傷病手当金支給申請書(事業者記入用)・記入例 [PDFファイル/273KB]

4 後期高齢者医療傷病手当金支給申請医療機関受診等証明書・記入例 [PDFファイル/341KB]

※医療機関を受診していない場合は 4 は不要ですが、2 の記載内容に事業主の証明が必要です。

※申請書はダウンロードいただくか、お電話をいただければ郵送いたします。

申請方法

 郵送または、上尾市役所保険年金課(市役所1階12番窓口)で受付。

※窓口申請のときは、保険証、申請者が被保険者と異なる場合は申請者の本人確認資料(運転免許証、保険 証等)、振込口座がわかるもの、被保険者の印鑑をお持ちください。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症の疑いの症状があるなど、体調不良のときには、ご来庁をお控えいただき、郵送で申請をしていただきますよう、ご協力をお願いいたします。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)