ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民税課 > 2月16日から3月15日 税の申告をお忘れなく

2月16日から3月15日 税の申告をお忘れなく

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月1日更新

 市・県民税(住民税)の申告受付期間は2月16日(金)から3月15日(木)までです。
 申告書は、前年度に市・県民税の申告を提出した人などに対して1月下旬に郵送しました。
 市民税課・各支所・出張所でも配布しています。また「市民税・県民税申告書」のページでダウンロードすることもできます。

市・県民税申告が必要な人

 平成30年1月1日現在、上尾市内に住所があり、主に以下に当てはまる人。ただし、税務署に確定申告をする人は、市・県民税の申告は不要です。

(1) 所得控除(生命保険料控除・社会保険料控除・医療費控除など)や、税額控除(寄付金税額控除など)、各種控除を申告する人

(2) 給与所得者で次に該当する人
  ・給与を2か所以上から受けている
  ・勤務先で年末調整をしていない
  ・勤務先から上尾市に給与支払報告書が提出されていない(提出の有無は勤務先に確認してください)

(3) 給与・公的年金等所得以外に各種所得があった人
  (例/営業等、農業、不動産、市・県民税が源泉徴収されていない配当など)
  ※給与または公的年金等所得者が、それ以外の所得が20万円以下の場合、確定申告は不要ですが、市・県民税の申告は必要です。

ふるさと納税の申告特例(ワンストップ特例)を申請した人へ

 市・県民税申告書、または所得税の確定申告書を提出すると、申告特例申請が無効になります。
 各種控除の追加などで申告書を提出する必要のある人は、ふるさと納税の寄附金を含めて申告してください。その際、ふるさと納税の受領証明書を提出してください。

公的年金等を受給している人へ

 平成23年分以後の各年分において、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合には、所得税の確定申告は必要ありません。
(平成27年分以後は、外国の制度に基づき国外において支払われる年金など源泉徴収の対象とならない公的年金等を受給されている人は、この制度は適用されません。)
 ただし、確定申告が不要な人でも、市・県民税申告は必要な場合があります。上記「市・県民税申告が必要な人」を参考に、あてはまる人は市・県民税申告書を提出してください。
 ※上記の場合でも、所得税の還付を受けるためには、確定申告書を提出する必要があります。また確定申告書の提出が要件となっている控除(純損失、繰越損失など)の適用を受ける場合には、確定申告が必要になります。

所得がなかった人へ

 平成29年中に所得がなかった人でも、国民健康保険税や後期高齢者医療保険料の算定、国民年金保険料免除の申請、障害基礎年金の所得状況届、幼稚園就園奨励費補助金の手続き、課税(非課税)証明書の交付を希望される場合など、所得がなかった旨の申告が必要となることがあります。

 申告に用意する物

(1) 市民税・県民税申告書

(2) 印鑑

(3) 個人番号カード、または通知カード+自動車運転免許証、健康保険の被保険者証など(個人番号確認と本人確認のため)

(4) 収入金額や経費が分かる書類
 ・ 給与所得者/源泉徴収票
 ・ 年金所得者/公的年金等源泉徴収票
 ・ 事業所得者/所得の計算の基になる事業の収入金額や必要経費を記載した帳簿など

(5) 各種の控除を証明できる書類(平成29年1月から12月までに支払ったもの)
 ・ 各種保険料控除/社会保険料(健康保険、国民年金、後期高齢者医療保険、介護保険)、生命保険料、地震保険料などの支払金額を証明できる控除証明書など
 ・ 医療費控除(従来の医療費控除)/平成29年中に支払った医療費の「医療費控除の明細書」(※支払った医療費や健康保険・生命保険会社などから補填された金額を集計して作成してください)
 ・ 医療費控除(セルフメディケーション税制による医療費控除の特例)/下記(1)(2)の両方が必要です。
  (1)平成29年中に支払った医療費の「セルフメディケーション税制の明細書」(※支払った医療費や健康保険・生命保険会社などから補填された金額を集計して作成してください)
  (2)健康の維持増進と疾病の予防への取り組み(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診など)を行ったことが明らかになる書類(特定健康診査などの領収書または結果通知表など)
 ・ 配偶者特別控除/配偶者の所得が証明できる書類(源泉徴収票など)
 ・ 障害者控除/障害者・療育、精神保健福祉などの手帳または障害者控除対象者認定書
 ・ 勤労学生控除/学生証または在学証明書
 ・ その他控除/ 証明書、領収書など、それぞれの控除に必要な書類

  市・県民税申告書の提出

 市・県民税の申告は2月16日(金)から3月15日(木)に受け付けます。(1)から(3)のいずれかにより提出してください。

  • 申告会場開設に伴い、申告期間中(土曜日も含む)、市民税課の窓口では職員による申告書作成補助や、作成した申告書の確認は行っていません。
  • 申告書に資料等を貼りつけないでください。また必要な資料が添付されていない場合は、所得や控除を修正する場合があります。

(1)郵送 
 記入・押印済みの申告書に個人番号カードのコピー、もしくは通知カード+運転免許証などの本人確認書類のコピー(裏面に記載事項がある場合は両面)、源泉徴収票等や各種控除証明等(「医療費通知」「一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類のうち、証明書及び領収書」はコピー不可。その他はコピー可。)を添付して、市民税課にご郵送ください。郵送された資料は返却しません。資料の返却や申告受付書が必要な方は、切手を貼り宛名を記入した返信用封筒を同封してください。

(2)市民税課窓口ポスト 
 市役所市民税課の窓口に、窓口ポストをご用意しています。(1)郵送による提出と同様に準備したものを投かんしてください。

(3)申告受付会場 
受付時間:午前9時15分から午後3時まで
申告会場:下表の通りです。
 ※対象地域は混雑を避けるための目安です。ご都合が合わない場合は、他の会場にご来場ください。
 ※駐車台数に限りがありますので、公共交通機関を利用してください。

市・県民税申告受付会場> 

ときところ対象地区
2月16日(金)文化センター緑丘、上町、仲町
2月19日(月)宮本町、愛宕、栄町、日の出、谷津
2月20日(火)東町、本町、原市(1316番地~1440番地)
2月21日(水)上尾宿、上尾村、二ツ宮、上尾下、原新町
2月23日(金)平方支所平方、上野、平方領々家、上野本郷、西貝塚
2月27日(火)上平公民館大字上、久保、西門前、南、菅谷、須ヶ谷、平塚、錦町、上平中央
2月28日(水)原市公民館原市(1316番地~1440番地と原市団地を除く)
3月1日(木)五番町、原市中、原市北、原市団地
3月2日(金)瓦葺(尾山台団地を含む)

3月5日(月)

尾山台出張所3月2日に受付できなかった瓦葺(尾山台団地を含む)

3月6日(火)

大谷公民館地頭方、大谷本郷、堤崎、中新井、戸崎、西宮下

3月7日(水)

市民体育館西上尾第一団地

3月8日(木)

西上尾第二団地

3月9日(金)

壱丁目、今泉、向山、川

3月12日(月)

大石公民館中妻、浅間台

3月13日(火)

弁財、井戸木、泉台、中分

3月14日(水)

小泉、藤波、畔吉、領家、小敷谷(西上尾第一・第二団地を除く)

3月15日(木)

コミュニティセンター春日、柏座、富士見

※所得税の確定申告は、税務署で受付を行っておりますが、確定申告書A(給与収入や年金収入だけの人など)は、市・県民税申告会場でも受付します。
確定申告書B(営業・譲渡所得などがある人や、新たに住宅借入金等特別控除を受ける人は、税務署で申告してください。