ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > ゾーン30整備事業(生活道路30キロ規制)の実施

ゾーン30整備事業(生活道路30キロ規制)の実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

 この整備事業は生活道路の安全確保を目的に、ある一定の区域(ゾーン)を設定し、ゾーン内は最高速度30kmの区域規制を中心とした総合的な安全対策を推進するものです。

 具体的には、公安委員会が最高速度区域規制、横断歩道および一時停止の新設を実施し、道路管理者(上尾市)は車道外側線による路側帯の新設およびゾーン30の文字標示等を実施し、歩行者、自転車に最大限配慮した安全な生活道路の確保や抜け道としての通過交通の速度抑制を図ります。

romekanba

 

上尾市内のゾーン30指定区域

 上尾市では 、埼玉県警察本部、上尾警察署と協議し、平成25年度からゾーン30の整備を進めてきました。
以下に上尾市内のゾーン30指定区域をご紹介します。


■ 平成25年度
 中央小学校周辺の上町一丁目、上町二丁目、宮本町を整備

tyu


■ 平成26年度
 上尾小学校周辺の仲町一丁目、仲町二丁目、愛宕一丁目、愛宕二丁目、宮本町を整備

age


■ 平成27年度
 富士見小学校周辺の春日一丁目、春日二丁目、柏座二丁目、柏座三丁目、柏座四丁目、弁財一丁目、弁財二丁目を整備

kamo


■ 平成28年度
 大石北小学校、大石中学校周辺の中妻三丁目、中妻四丁目、中妻五丁目、井戸木四丁目を整備

 ooishi


■ 平成29年度
 西小学校周辺の今泉一丁目を整備

ni