ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 全国大会入賞者の上野 莉子さんが畠山市長を表敬訪問しました

全国大会入賞者の上野 莉子さんが畠山市長を表敬訪問しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月15日更新

畠山市長と賞状を手に

 3月28日から30日まで、県立武道館で全日本空手道連盟主催による「彩の国杯第12回全国中学生空手道選抜大会」が開催され、1年女子形の部に、西中学校の上野莉子(うえの りこ)さんが出場。5位という好成績を残し、畠山市長へ報告するため、5月11日に表敬訪問をしました。

畠山市長に5位入賞を報告

 空手という力強いイメージからは想像がつかない、にこやかな笑顔が印象的な上野さん。終始笑顔で話す上野さんに、畠山市長をはじめ、同席した方々も自然と笑顔になっていました。

ご両親と一緒に畠山市長と 激励を受けて畠山市長と固い握手

 大会2日前に熱を出し、開会式を欠席してしまったという上野さんですが、見事5位入賞。しかし、今回の結果に満足せず、来年こそ優勝を、という思いで今後の練習に励みたい、と語ります。

 畠山市長も、来年の選抜大会優勝だけでなく、2020年・2024年のオリンピックを目指して頑張ってほしい、と激励しました。