ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「子ども折り紙教室 ロボットを折ろう」が行われました

「子ども折り紙教室 ロボットを折ろう」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月23日更新

 折り紙で作ったロボット

 8月19日、大石公民館で「子ども折り紙教室 ロボットを折ろう」が行われました。

 教室には、小学1年生から6年生までの18人と保護者10人の計28人が参加し、「工房かしの木」を主宰する福島和彦さん(公民館サークルとんぼ玉の講師)の丁寧な指導のもと、折り紙によるロボット作りに熱中しました。

 講師の福島さん 福島さんの作ったロボット

 折り鶴の折り方を基本形として、上半身(ヘッドパーツ)と下半身(レッグパーツ)それぞれを作り、最後にそれらを合体させてロボットを作ります。

 講師の福島さんや助手の公民館職員、保護者の力を借りながら、子どもたちは指先に神経を集中させて折り紙を折り、熱心に取り組んでいました。

 福島さんの指導を聴きながら折る親子 福島さんの指導を聴きながら折る子ども

 福島さんに折り方を教えてもらう子ども 福島さんの指導を聴きながら折る子どもたち

 完成した作品はどれも初めてとは思えない出来栄えで、どの子どもも自分の力で作ったロボットに大満足の様子でした。

 子どもたちの作品1 子どもたちの作品2
 
 子どもたちの作品3 子どもたちの作品4

 夏休みもあと少し。自由課題にぴったりの作品になったのではないでしょうか。