ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「子どもアメリカン3D教室」が行われました

「子どもアメリカン3D教室」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月7日更新

 初めてとは思えない出来栄えの子どもの作品

 8月1日、大谷公民館で「子どもアメリカン3D教室」が行われました。

 アメリカン3Dとは、同じ絵を何枚か用意し、パーツごとにカットし重ねて貼り合わせ、平面的な絵を立体的にしたものです。

 17世紀にヨーロッパで生まれ、その後、移民とともにアメリカに渡り、改良されて伝統的なハンドクラフトとして確立したといわれています。

 教室には、小学3年生から6年生までの14人が参加し、桶川市で3Dアート教室を主宰する石川静子さんや助手の人に教えてもらいながら、初めての3Dアート作りに熱中しました。

 3Dアートについて教える石川静子さん 3Dアートに使うパーツ

 子どもに切り方を教える石川さん 切り方を見つめる子ども

 貼り付けのやり方を教える石川さん 自分で貼り付けを行う子どもたち

 子どもたちからは、「小さいポケットなど、細かいパーツを付けるのが難しかった」などの感想が出ましたが、完成した作品は、どれも初めて作ったとは思えない出来栄えでした。

 子どもたちの作品1 子どもたちの作品2
 
 子どもたちの作品3 子どもたちの作品4

 夏休みの自由課題にぴったりの作品になったのではないでしょうか。