ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 2018年世界ジュニア・カデ選手権で銅メダルの浅海聖哉さんが畠山市長を表敬訪問しました

2018年世界ジュニア・カデ選手権で銅メダルの浅海聖哉さんが畠山市長を表敬訪問しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月25日更新

 4月1日から9日まで、イタリアのヴェローナで開催された「2018年世界ジュニア・カデ選手権」に、上尾市在住で埼玉栄高校1年の浅海聖哉さんが出場。「カデ男子エペ個人戦」で銅メダルを獲得し、畠山市長に報告するため、5月22日に表敬訪問をしました。

世界ジュニア・カデ選手権の賞状を手にする浅海さんと市長

 これまでも数々の大会で優秀な成績を残してきた浅海さんですが、世界大会に出場し、体力的にも精神面でも自分に足りない部分を実感し、とても勉強になったそうです。現在は、U-17の大会に出場している浅海さんですが、今年はU-20の出場を目標にさらに頑張っていきたいと力強く語ります。

市長を表敬訪問した浅海さんとお母様 入賞記念品

 浅海さんは、日本オリンピック委員会から、将来のオリンピックや世界選手権大会等で活躍が期待される選手に贈られる「平成30年度オリンピック有望選手」に認定されています。

オリンピック有望選手認定証を手に話す浅海さんと市長 オリンピック有望選手認定証

 市長は、さらなる可能性に向かってチャレンジを続け、2020年の東京オリンピックに出場できるよう期待しています。上尾市も応援するので頑張ってほしい、と激励しました。