ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「キラリあげおPR大使」に大宮アルディージャの加藤順大選手を任命しました

「キラリあげおPR大使」に大宮アルディージャの加藤順大選手を任命しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月30日更新
  10月29日、市役所で「キラリあげおPR大使」の任命式が行われ、Jリーグ大宮アルディージャに所属するゴールキーパーの加藤順大選手を任命しました。

 「キラリあげおPR大使」は、市にゆかりのある著名人に上尾市の魅力を広く市内外に発信、PRしてもらうことで、上尾市の知名度の向上やイメージアップを図ることを目的に作られ、加藤選手は上尾メディックスに続いての任命となります。

 上尾市出身の加藤選手は、上尾市立大石南小学校3年生の時に西上尾イレブンファイターズに入団、大宮東高校入学と同時に浦和レッズユースに加入し、2003年にはトップチームへの昇格を果たします。2006年には公式戦デビューを飾り、以降はチームの守護神として活躍。2015年からは大宮アルディージャに移籍し、積極果敢なプレーでチームを引っ張っています。

  「キラリあげおの一番星に」と色紙に意気込みを書いていただいた加藤選手。「上尾は自分のサッカー人生の出発点。あげおの一番星になれるように大使として上尾市のために頑張りたい」と意気込みを語りました。

  今年8月には「上尾串ぎょうざアンバサダー」に就任いただくなど、ピッチの外でも精力的に活動している加藤選手の更なる活躍が期待されます。

加藤選手