ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 行政経営課 > 上尾市は大塚ウェルネスベンディング株式会社と上尾市民の健康づくり等に関する連携協定を締結しました。

上尾市は大塚ウェルネスベンディング株式会社と上尾市民の健康づくり等に関する連携協定を締結しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月28日更新

上尾市は大塚ウェルネスベンディング株式会社と上尾市民の健康づくり等に関する連携協定を締結しました。

 締結式写真   
左から大塚ウェルネスベンディング(株)関東支店大宮営業所所長 田中 賢二様、関東支店支店長 高岡 文博様、
代表取締役副社長 杉山 豪様、上尾市 畠山 稔市長、松澤 純一副市長

連携する活動内容

「熱中症予防に関すること」、「災害対策に関すること」、「「食」を通じた市民の健康づくりに関すること」、「健康長寿の取組み」などを連携することとしています。

具体的な協働事業として「熱中症予防に関すること」では、熱中症対策予防活動での研修会等の各種イベントに講師の派遣をいただきます。

「災害対策に関すること」では、食料備蓄ができる災害時無償開放型の自動販売機を指定緊急避難所である小学校などに設置いただきます。

「「食」を通じた市民の健康づくりに関すること」では、夏休み、冬休みに健康教育を行う食育支援プログラムに講師を派遣いただきます。

「健康長寿の取組み」では、健康講座・健康長寿サポーター育成講座に講師を派遣いただきます。

その他、市民サービスの向上に関することなどで多方面での活動を展開していきます。

上尾市長及び大塚ウェルネスベンディング株式会社 会社代表のコメント

上尾市長 畠山 稔(はたけやま みのる)
 本市は、今年度、市制施行60周年を迎えました。この記念すべき年に、本協定が締結できることを心より感謝申し上げます。
 大塚ウェルネスベンディング株式会社様には、これまで、大塚製薬グループとして上尾シティマラソン開催への支援や健康セミナーのご協力をいただいてまいりましたが、このたびの協定をきっかけに、まずは小学校と保健センターに食料品の備蓄が可能な災害対策型の自動販売機を設置していただけることになり、市民の皆様へ安心感を届けられるものと期待しているところでございます。
 このほか、近年の夏の猛暑に対する熱中症対策の取組や「食」を通じた市民の健康づくりに関することなど、さらなるご協力をいただけることとなりました。心より御礼申し上げます。
 今後、大塚ウェルネスベンディング株式会社との協定により、新たに発展的な取組が生まれ、この成果を、市民の皆様に還元できますことを祈念しまして、あいさつといたします


 大塚ウェルネスベンディング株式会社 代表取締役副社長 杉山 豪(すぎやま つよし)
 上尾市と大塚ウェルネスベンディング株式会社との上尾市民の健康づくり等に関する連携協定を無事に締結できたこと誠に感謝いたします。
 畠山市長様をはじめ、関係各部署における皆様のご尽力に重ねて御礼申し上げます。
 様々な会社がある中で、私共との連携をお結びいただけることは大変光栄でございます。
 大塚ウェルネスベンディング株式会社は上尾市が全国初の連携協定であり、本日は記念すべき日となりました。
 大塚グループは、”Otsuka-people creating new products for better health worldwide” の企業理念のもと、微力ではございますが、上尾市の皆様の健康づくりに貢献していきたいと考えております。