ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > あげお子ども大学
年間行事予定
教育要覧
夢・感動 写真館

あげお子ども大学

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月20日更新

平成31年度あげお子ども大学の募集は終了いたしました

あげお子ども大学とは

 大学の先生や、様々な分野の専門家からわかりやすく物事を教わる“子どものための大学”で、上尾市在住の小学5・6年生のみが参加できる特別講義です。
それぞれ特色ある3つの分野を学ぶ連続3回講義です。

平成31年度 学習プログラム

 日時テーマ・講師会場

1

10月5日(土曜日)
9時00分から11時00分

市場ってどんなところ?~市場の役割や物流について学ぼう~

見学などを通して、市場がどんなところかを学ぼう!

講師:埼玉県中央青果株式会社および埼玉県食品流通センター株式会社の皆様

埼玉県地方卸売市場上尾市場

2

10月26日(土曜日)
10時00分から12時00分

プログラミングに挑戦! ~ものづくりを考えよう~

プログラミングの基本を学びながら、現代のものづくりの工夫とコンピュータの役割を考えよう!

講師:埼玉大学 野村 泰朗 先生

埼玉大学

3

11月16日(土曜日)
13時00分から15時00分

遊びで世界を旅しよう!~あなたの国の遊びを教えてください~

聖学院大学に通う留学生と交流しながら、世界の言葉や文化を学ぼう!

講師:聖学院大学 ロバート・ローランド先生

聖学院大学

対象・募集人数

上尾市に在住の小学校5・6年生

30名(定員を超えた場合は抽選となります)

注意事項

  • 各会場にお越しの際は、必ず保護者(大人)の方が付き添ってください。
  • 講義中の保護者の方の見学はできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 通学の際は、公共交通機関をご利用ください。特に会場によっては、駐車場を確保しておりませんので、ご注意ください。
  • 学習プログラムの講義内容や講師については、都合により変更となる場合があります。
  • 募集に際して収集した個人情報は、あげお子ども大学の事業に関してのみ使用します。
  • 講義風景を写真などで記録することがあります。当該写真などは『あげお子ども大学』に関する広報・報告にて使用します。あらかじめご了承ください。
     

平成30年度あげお子ども大学を実施しました!

上尾市の小学5・6年生30名が”大学生”になり、様々な学習をしました。

1日目 外科医のお仕事 ~私、失敗しないので。~

先生:上尾中央総合病院 肝胆膵疾患先進治療センター/外科 若林 剛 センター長兼科長
                                   消化器科 筒井 敦子 先生 ほか

 手術室の見学や、実際に手術のときに使用されている器具の操作を体験しました! 

あげお子ども大学1-1 あげお子ども大学1-2

あげお子ども大学1-3 あげお子ども大学1-4

2日目  ペットボトルロケットを作ろう! ~ものつくり大学で宇宙への夢を学ぶ~

先生:ものつくり大学 総合機械学科 高橋 正明 先生

 ロケットの仕組みを学び、ペットボトルロケットを作りました!

あげお子ども大学2-1 あげお子ども大学2-2

あげお子ども大学2-3 あげお子ども大学2-4

3日目  伊能忠敬の地図作りに挑戦! ~歩測と方位磁針で地図を作る~

先生:芝浦工業大学 工学部土木工学科 中川 雅史 先生

 伊能忠敬が行った地図作りを学び、方位磁針を使った地図作りや測量に使われている機械の操作を体験しました!

あげお子ども大学3-1  あげお子ども大学3-2

あげお子ども大学3-3  あげお子ども大学3-4

参加者の声
  • 外科医の仕事で使う道具や外科医の仕事ですることが分かりました。また、手術の方法が3種類あって、だんだんお医者さんも、かん者さんもかかる負担がへっていることと、使う道具は、使いすてのものもあるということが心に残りました。実際にする手術とにた体験ができて楽しかったです。また、手術台などを見て、すごいなと思いました。
  • ペットボトルロケットの飛ぶしくみをよく知ることができた。宇宙について少し知識を深めることができた。学生さんたちがていねいに教えてくれたのがよかった。本物のロケットがさわれたのがよかった。
  • いのうただたかの作った地図がどれほど大変だったかを実感しました。もう体験できないことをできたので、うれしかった。実際に測るのが難しかったけど楽しかったです。
保護者の方の声
  • 3回ともテーマがとても面白かったです。それぞれの大学、施設の方々も大学生さんもとても親切で、親子ともども気持ち良く、感謝しています。
  • 3日間参加することができ、子供が小学校では体験できないことが楽しく学ぶことができたので良かったです。また、無料でこのような場を設けていただき、ありがとうございました。