ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認定申請の流れ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月27日更新

介護保険サービスを受けるには「認定」が必要です

要介護認定のための申請


 申請は、本人や家族または地域包括支援センター、居宅介護支援事業所(ケアプラン作成事業者)、介護保険施設でも代行申請が可能です。

【申請に必要なもの】

・介護保険の被保険者証(40から64歳の人は、加入している健康保険の被保険者証)

・介護保険 要介護・要支援認定申請書(市役所2階6番窓口にある) 

・主治医の情報(医療機関名、主治医氏名、所在地、電話番号)が分かる診察券やメモなど

・本人の個人番号(マイナンバー)が記載されているもの 
※個人番号(マイナンバー)確認に必要なものについてはこちらをご覧ください。

介護保険要介護・要支援認定申請書 [PDFファイル/181KB]

 

●申請の取り下げについて

 要介護認定申請後に、状況が変わり申請を取り下げる場合は、介護保険要介護・要支援認定(更新・区分変更)申請取下申請書(市役所2階6番窓口にある)を高齢介護課介護認定担当へご提出下さい。

介護保険要介護・要支援認定(更新・区分変更)申請取下申請書 [PDFファイル/116KB]

要介護認定

【訪問調査】
 市の調査員が訪問し、本人の身体状況をお聞きし調査票を作成します。調査票は、コンピュータで一次判定を行います。
【主治医意見書】
 主治医が本人の身体状況についての意見書を作成します。
【介護認定審査会】
 一次判定と訪問調査票と主治医意見書をもとに介護の必要性を審査し、二次判定します。
【認定】
 審査会の決定により、非該当・要支援1・要支援2・要介護1から5のいずれかに確定します。

要介護認定結果

【非該当の人】
 介護予防・日常生活支援総合事業の利用ができます。高齢介護課または地域包括支援センターにご相談ください。
【要支援1・要支援2の人】
 介護予防サービスの利用ができます。地域包括支援センターにご相談ください。
【要介護1から5の人】
 介護サービスの利用ができます。居宅介護支援事業所にご相談ください。

※認定には、有効期間が決められています。サービス利用がある場合は、有効期間が終了する前に更新申請が必要です。

 

●認定の取り消しについて

 要介護認定を取り消したい場合は、介護保険要介護・要支援認定取消申請書(市役所2階6番窓口にある)を高齢介護課介護認定担当へご提出下さい。

介護保険要介護・要支援認定取消申請書 [PDFファイル/121KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)