ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 特例郵便等投票について(新型コロナウイルス感染症で療養中の方へ)

特例郵便等投票について(新型コロナウイルス感染症で療養中の方へ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月14日更新 ページID:0290541

特例郵便等投票について

新型コロナウイルス感染症により、宿泊・自宅療養中の方で、一定の要件を満たす方については、特例により郵便で投票をすることができます。

対象となる方

1.投票しようとする選挙の有権者で、感染症法・検疫法の規定により、保健所等から外出自粛制限を受けている方

2.外出自粛要請等の期間が選挙期間(その選挙の告示または公示の日から投票日当日まで)にかかると見込まれる方

手続きの流れ

1.特例郵便等投票を希望される方は、投票日当日の4日前(必着)までに上尾市選挙管理委員会に対し、保健所等から交付される「外出自粛要請等の書面」等を添付した「特例郵便等投票請求書」を郵便等で送付してください。なお、請求時に「外出自粛要請等の書面」が交付されていない場合には、その旨を「特例郵便等投票請求書」に記載してください。

2.上尾市選挙管理委員会から郵便等により投票用紙等が送付されます。

3.投票用紙等に必要事項等を記載の上、郵便により上尾市選挙管理委員会へ送付してください。
制度の詳細、必要書類等については下記の関連資料をご覧ください。また、ご不明な点がございましたら上尾市選挙管理委員会にお問い合わせください。

 特例郵便等投票ができます(周知用チラシ) [PDFファイル/467KB]

投票用紙等の請求手続について [PDFファイル/392KB]

宛名表示 [PDFファイル/98KB]

※この表示を封筒に添付することで、送料の負担なく郵送の手続きが可能です。

新型コロナウイルス感染症に感染された方のご家族等については、濃厚接触者に当たる可能性がありますが、濃厚接触者の方は特例郵便等投票の対象ではありません。
投票のために外出することは「不要不急の外出」には当たらず、当日の投票所や期日前投票所で投票いただくことが可能です。

罰則について

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁固または30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁固又は30万円以下の罰金))が設けられています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)