ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工課 > 市内の空き店舗等を活用して創業する方を支援します!

市内の空き店舗等を活用して創業する方を支援します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月1日更新

概要

商業の活性化と空き店舗等の活用、新たなビジネスの創出、上尾市ならではの魅力・にぎわいの創出等を図るため、市内の空き店舗等を活用して新たに創業する方に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。 

補助金交付手続きの流れ

  1. 空き店舗等を活用して行う事業の事業計画書を作成し、上尾商工会議所又は(公財)埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)から認定をうけ、事業支援計画書(第1号様式の2)の交付を受ける。
       ↓
  2. 特定創業支援等事業による支援を受ける(受けた後に、商工課へ証明書の交付を申請してください)。
       ↓
  3. 申請書類一式を商工課に提出する。
       ↓
    【書類審査・交付決定】
       ↓
  4. 空き店舗等の改修着手・補助事業を開始する(必ず交付決定後に行ってください)。
       ↓
  5. 実績報告書類を商工課に提出する。
       ↓
    【補助確定の通知】
       ↓
  6. 交付請求書を商工課に提出する。
       ↓
    【補助金を交付】

受付期間

令和3年4月19日(月曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで

※先着順で審査し、予算が無くなり次第受付を終了します。

補助金額

補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(45万円を限度額とします。)

区分

細区分

補助対象経費

改修等経費

(1)  空き店舗等の外装および内装の改修工事に要する費用

(2)  事業に必要な機械装置、工具、器具および備品の購入に要する費用
   (生産設備・Wi-Fi・キャッシュレス対応レジ等)

広告宣伝費

(1)  ポスター、チラシ等の印刷および配布に要する費用

(2)  ダイレクトメールの送付に要する費用およびレターパック等の購入に要する費用

(3)  新聞、雑誌等への広告の掲載に要する費用

(4)  ホームページの制作に要する費用

(5)  上記のほか、事業の開始に係る広告宣伝費として市長が認める費用

補助対象

補助金の交付対象者

補助金の交付対象者は、補助金の募集開始日以後に新たに創業する者であって、補助事業の期間が完了する日までに、事業を営んでいない個人が、新たに事業を開始し、又は新たに会社等の設立を行い、代表となる者であって、次に掲げる要件のすべてを満たすものとします。

  1. 上尾市内に住所又は事業所を有している者
  2. 上尾市内の空き店舗等※を活用して、新たに創業する者又は第二創業を行う者
    ※過去に事業の用に供されていた店舗や事務所等で、概ね3 か月以上継続して事業が行われていないもの
  3. 特定創業支援等事業による支援を受けたことについて市長の証明を受けている者
  4. 上尾商工会議所に現に加入している者(又は補助事業期間満了日までに加入予定の者)

補助金の対象事業

補助金の交付の対象となる事業は、要綱で定める小売業、飲食業その他サービス業であって、次に掲げる要件をすべて満たすものとします。

  1. 上尾市内の空き店舗等(主として管理事務のみを行う本社、事務所等を除く。)において、顧客に対しサービス等を提供する事業であること。
  2. 上尾商工会議所又は(公財)埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)から事業計画の認定を受け、事業支援計画書の発行を受けた事業であること。
  3. 安定した経営および事業の継続のために創意工夫を行い、独自性および独創性のある事業であること。
  4. 事業の開始以後3年間の事業計画および売上、利益等の計画に基づく事業であり、かつ、概ね1週間当たり5日以上、40時間以上営業を行う事業であること。
  5. 上尾市内においてすでに事業を営んでいる者が空き店舗等に移転し、事業を行う場合にあっては、移転前の施設において行っていた事業と同一の事業でないこと。
  6. 2年以上継続して行う事業であること。
次のいずれかに該当する場合は、補助対象事業となりません。
  1. 市税を滞納している者
  2. 性風俗関連特殊営業またはその接客業務受託営業を営んでいる者
  3. 暴力団または暴力団員に関係している者
  4. フランチャイズ方式で出店する事業
  5. その他市長が不適切と認める事業

申請に必要な書類

  1. 上尾市空き店舗等活用推進事業補助金交付申請書【第1号様式】
  2. 住民票の写し(個人の場合)、商業登記簿謄本の写し(法人の場合)
  3. 補助事業に関する事業計画書(事業の開始以後3年間の事業計画および売上、利益等の計画がわかるもの)
  4. 賃貸借契約書のコピー(空き店舗等の賃貸借契約を締結している場合)
  5. 市税に未納がないことの証明書
  6. 見積書など補助対象経費を確認できる書類のコピー
  7. 改修工事等の内容がわかる図面および施工前の状況がわかる写真(改修工事等をする場合)
  8. 事業支援計画書【第1号様式の2】
  9. 特定創業支援等事業を受けたことの証明申請書(上尾市の証明を受けたもの)

※その他、補助事業終了後に実績報告書等を提出していただきます。

様式集

様式名

様式のダウンロード

上尾市空き店舗等活用推進事業補助金 様式集 ※8月1日より押印不要に変更

特定創業支援等事業を受けたことの証明申請書

PDF版 [PDFファイル/118KB]Word版 [Wordファイル/22KB]

第1号様式(交付申請書)

PDF版 [PDFファイル/109KB]Word版 [Wordファイル/19KB]

第1号様式の2(事業支援計画書)

PDF版 [PDFファイル/75KB]Word版 [Wordファイル/21KB]

事業計画書

PDF版 [PDFファイル/386KB]Word版 [Wordファイル/28KB]

第4号様式(実績報告書)

PDF版 [PDFファイル/89KB]

Word版 [Wordファイル/22KB]

 

上尾市の空き店舗情報(随時更新)

上尾商工会議所のWebサイトで、市内の空き店舗情報を公開しております。

上尾商工会議所 創業・起業支援サイト(外部サイトへのリンク)

上尾市空き店舗等活用推進事業補助金交付要綱

上尾市空き店舗等活用推進事業補助金交付要綱 [PDFファイル/393KB]

利用実績

「上尾市空き店舗等活用推進事業補助金」を活用して創業した店舗の一覧です。

年度

店舗名業種場所
 

平成29年度

麺屋 冽飲食業(ラーメン店)宮本町14-16
平成31年度
(令和元年度)

自然食の店 なず菜

飲食業・小売業(自然食品)

錦町2-18

Rawfood Style Joyeux
(ローフード スタイル ジョワイユ)

飲食業・小売業
(スムージー、コールドプレスジュース等)

上212-8
令和2年度

ともん屋

飲食業(定食)中妻3-12-13

鳥かよ本舗

飲食業(焼鳥、から揚げ等)柏座1-10-3-91

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)