ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > 道路交通法一部改正のお知らせ

道路交通法一部改正のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月29日更新

道路交通法が一部改正されます

道路交通法の一部改正が平成25年6月に公布されました。

これは近年の交通事故ニュースの中でも、意識障害を伴う発作を持病とする者の重大事故の発生や、

無免許運転による重大事故の被害の増加、自転車交通事故の急増など

特に重要項目となっている被害の軽減を目的としています。

自動車・自転車運転者に対し、自転車の交通ルールや、ドライバーの免許に関する法律、

一定の病気などにかかっているドライバーへの制度の導入など、改正の時期を4段階に分けられ施行されます。 

 1.平成25年12月13日までに施行

 無免許・免許証の不正取得などの罰則が強化、無免許運転を助長する車の提供・同乗の罰則が新設

 


 自転車の道路右側の路側帯の通行禁止


警察官による運転中止命令など、ブレーキ不良自転車に対する指導強化

2.平成26年6月13日までに施行

てんかんや麻薬等中毒など一定の病気等にかかっているドライバーを対象とした制度が新設

一定の病気等に関する免許取得などの制度内容


免許の失効により取り消し処分を免れた者も取消処分者講習の対象


コンビニ等で放置違反金の納付が可能

3.平成26年12月13日までに施行

環状交差点の通行ルールが定められます

平成27年6月13日までに施行

自転車の悪質運転者に対する講習制度が新設


 てんかんなど「」一定の病気」を理由に免許取消し後、3年以内に再取得した人に対する優良運転者の特例基準が新設