ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子ども支援課 > 婚姻歴のないひとり親家庭へ

婚姻歴のないひとり親家庭へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

「上尾市寡婦(夫)控除のみなし適用」実施のご案内

上尾市では、婚姻歴のないひとり親で、20歳未満の子を養育している人に、税法上の「寡婦(夫)控除」をみなし適用し、婚姻の有無にかかわらず利用料等が減額されるなど、負担の軽減を図ります。

 

1 対象となる人

対象事業を利用する人で、次のいずれかに該当する人です。

・ 婚姻歴がない母にあっては、20歳未満の扶養親族である子や20歳未満の生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の扶養配偶者又は扶養親族となっていない場合)がいる。

・ 婚姻歴がない父にあっては、合計所得金額が500万円以下で、20歳未満の扶養親族である子や20歳未満の生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の扶養配偶者又は扶養親族となっていない場合)がいる。

2 対象事業

保育所保育料・私立幼稚園就園奨励費補助金など上尾市が実施する以下の事業が対象です。

               上尾市寡婦(夫)控除のみなし適用対象事業一覧

対  象  事  業

適用開始年月

受付・相談窓口

保育所、認定こども園、幼稚園(施設型給付)保育料
小規模保育事業等(地域型保育給付)保育料
家庭保育室保護者負担軽減費補助金
病児・病後児保育利用料
保育所等延長保育料
市立保育所一時預かり保育利用料
私立幼稚園就園奨励費補助金
平成27年9月
平成27年9月
平成27年9月
平成27年9月
平成27年9月
平成27年9月
平成27年4月
保育課        048-775-5121
母子生活支援施設入所負担金
助産施設入所負担金
自立支援医療(育成医療)
高等職業訓練促進給付金等の給付
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年8月
子ども支援課    048-775-5120
児童発達支援センターつくし学園保護者負担金平成27年7月つくし学園      048-786-4493
障害福祉サービス(介護給付・訓練等給付等)
障害児通所支援(放課後等デイサービス・児童発達支援等)
自立支援医療(更生医療)
補装具費支給事業
日常生活用具給付事業(障害児者・難病患者)
移動支援事業
地域活動支援センター(ふれあいハウス・あけぼの)
日中一時支援事業
訪問入浴サービス事業
生活サポート事業
重度障害者居宅改善整備費支給事業
難聴児補聴器購入助成事業
重度心身障害者福祉手当
身体障害者の措置入所
知的障害者の措置入所
緊急通報システム
かしの木園利用者食事代助成費支給事業
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年8月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
平成27年7月
障害福祉課     048-775-5122
平方幼稚園利用者負担額平成27年9月教育総務課     048-775-9469

 

3 所得控除額

 所得税の判定

  所得税法に基づく寡婦(夫)控除と同じ控除額および所得制限です。

 住民税の判定

   (1) 地方税法に基づく寡婦(夫)控除と同じ控除額および所得制限です。

   (2) 地方税法に基づく合計所得金額が125万円以下の寡婦(夫)について、均等割額および所得割額のいずれも課税されなかったとみなし、非課税扱いとします。      

控除の種類

所得税

住民税

要      件

寡  婦

27万円

26万円

・合計所得金額500万円以下で、20歳未満の生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下)あり

・合計所得金額500万円超えで、20歳未満の扶養親族である子又は20歳未満の生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下)あり

特別寡婦

35万円

30万円

・合計所得金額500万円以下で、20歳未満の扶養親族である子あり

寡  夫

27万円

26万円

・合計所得金額500万円以下で、20歳未満の扶養親族である子又は20歳未満の生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下)あり

 ※扶養親族:その親族を扶養控除の対象者としていること

 ※生計を一にする子:他の納税者の控除対象配偶者や扶養親族とされていない子がいることであり、扶養控除の対象者としていなくても良い

 ※利用料等の算定にのみ適用するもので、所得税や住民税そのものを控除するものではありません。

4 申請方法

利用する事業の申請窓口で、申請してください。(1つの窓口で、複数の事業について、申請をすることができます。)

 ※みなし適用後も利用料等が変更にならない場合があります。

 ※事業ごとに要件が異なりますので、みなし適用対象外となる場合があります。

 ※虚偽の申請をした場合には、みなし適用を取り消し、既に受けた利用料等の減額分について全部又は一部を返還する必要があります。

5 申請に必要なもの

 1.上尾市寡婦(夫)控除のみなし適用申請書(様式1 [PDFファイル/133KB]

 2.戸籍全部事項証明書(母子又は父子全員分)又は児童扶養手当を受給している場合は、児童扶養手当証書(有効期限内のもの)のコピー。

 3.印鑑(朱肉使用のもの)

 ※戸籍全部事項証明書は、3か月以内のものを提出いただきます。

 ※ その他、所得証明書などの提出が必要な場合がありますので、各受付窓口にお尋ねください。

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)