ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 契約検査課 > コリンズ登録について

コリンズ登録について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月24日更新

建設工事のコリンズ登録について

 請負代金額が500万円以上の建設工事の受注者は、コリンズ(工事実績情報システム)に基づき、受注、変更、竣工および訂正時に「工事カルテ」を作成し、発注課の工事監督員の確認を受けたうえで、登録機関であるジャシック((財)日本建設情報総合センター)に登録申請を行い、その証明として登録機関発行の「工事カルテ」(写し)の提出が必要です。
 市は登録された内容に基づき、建設工事の配置技術者の専任性や雇用関係を確認し、不適切な技術者の配置があったときは、直ちに是正を求め、応じない場合は請負契約を解除します。
 ・コリンズ(CORINS)とは、工事実績情報をデータベース化し、公共発注機関へ情報提供を行うシステムです。
 ・ジャシック(JACIC)とは、コリンズの構築・工事実績情報を提供する組織です。

1 必要な登録

(1) 請負代金額が500万円以上2,500万円未満の建設工事の場合、コリンズに基づき、受注時に「工事カルテ」を作成し、工事発注課の工事監督員の確認を受けたうえで、ジャシックへ登録申請を行ってください。
(2) 請負代金額が2,500万円以上の建設工事の場合、前記の受注登録に加え、工事完成後に行う竣工登録が必要となります。また、配置技術者等を変更したときは、変更登録も必要となります。
登録の種類500万円以上2,500万円未満2,500万円以上登録時期
受注登録

契約締結後10日以内
変更登録

×

変更契約後10日以内
竣工登録

×

工事完成後10日以内

○:必ず登録  △:変更があった場合登録  ×:登録不要

※登録方法等のお問合わせは、(財)日本建設情報総合センター(JACIC)ホームページ http://www.jacic.or.jp/を参照してください。

2 主任・監理技術者の配置確認について

 主任・監理技術者の配置等については、「現場代理人の常駐・専任について」を参照してください。
 市では、入札参加申請時、工事施工中に公共工事発注者支援データベース・システム(JCIS)により、技術者が他の工事と重複していないかなどを確認します。確認の結果、適正な技術者の配置がされない場合は契約を解除し、違約金として請負代金額の10分の1を請求することとなりますので、入札参加申請時に自社の配置予定技術者を確認願います。