ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術実施協定」が締結されました

「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術実施協定」が締結されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月16日更新

 3月16日、上尾市役所で「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術実施協定」が締結されました。

 これは、市内の飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、公衆衛生の向上と動物愛護を目的としたもので、この日は一般社団法人上尾伊奈獣医師協会と長沢獣医科病院が、それぞれ上尾市と協定を締結しました。

 今回の協定に基づき、4月1日から飼い主のいない猫の不妊や去勢の手術を無償で行う制度を実施します。手術費用の無償化は県内初です。この協定により、地域全体で猫の繁殖拡大を防ぐ仕組みづくりの構築を目指します。

 また、この取り組みについて、埼玉県の上田知事がブログでコメントしています。

埼玉県のホームページはこちらから(外部リンク)

 

 あいさつする一般社団法人上尾伊奈獣医師協会の藤倉会長