ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上尾市立大谷小学校 > 各学年の活動 > 1学年 > 1年生 食に関する指導(エプロンシアター)

1年生 食に関する指導(エプロンシアター)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月4日更新

1年生 食に関する指導(エプロンシアター) 

 6月1日と2日に、担任と栄養教諭による食育の授業を行いました。

 1年生は味覚が未発達ということから、野菜が苦手な児童が多いため「野菜のひみつをしろう」という内容で行いました。

 最初は事前にとったアンケートの結果を知らせました。どんな野菜が苦手か、苦手なものが食事に出た時に頑張って食べるか、残しているかなどの質問がありました。

苦手な野菜は何かな

 次に栄養教諭がエプロンシアターを行いました。「けんちゃんとカゼひけ大魔王」というお話でした。野菜が苦手なけんちゃんが、苦手を克服して、カゼひけ大魔王をやっつけるというお話です。

エプロンシアター1

エプロンシアター2

 エプロンシアターを見た後は、野菜のひみつについて学びました。「病気にまけない体をつくる」「はだを強くする」「歯や骨を強くする」「おなかをきれいにする」などの働きがあることを知りました。

野菜のひみつ

 また、1日に食べたい野菜の量を見て、量の多さにびっくりしていました。(生野菜の場合、両手に山盛り3杯分)

こんなに食べるの!

 今日学んだことを通して、これからの給食やお家での食事で、自分の体のことを考えて、苦手なものにも挑戦して食べてほしいです。めあてもたくさんの子どもが発表してくれました。

めあての発表