ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

校長あいさつ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

令和2年度 校長あいさつ

村田校長先生  

  今年度、就任2年目を迎えます上尾市立大石中学校の第24代校長の村田正則 (むらた まさのり)と申します。令和2年度は、4月1日現在全校生徒880名となり、昨年度から34名増えています。規模の大きさに身の引き締まる思いは今年度も変わりません。学校経営の方針に、「思いを行動へ」を新たに加えました。人の思いは、分からないため、自らの考えを表現し伝え行動することを大切にしていきます。 「人は力」一人一人を大切にし、チーム大石のパワーを発揮できますよう微力ではございますが、誠心誠意努力してまいる所存です。今年度もよろしくご支援ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

   学校教育目標

     心豊かな生徒を育成する 大石中教育

      一 思いやりのある生徒

      一 自ら学ぶ生徒

      一 進んで身心を鍛える生徒

    めざす生徒像

  ○自分の価値を理解し、他人のよさが認められる生徒

      ・自分も他の人も大切にできる生徒

      ・自分の意見を根拠に基づいて発表し、主体的に学習に取り組む生徒

      ・自分の可能性を実感し夢を持って自らの目標に挑戦する生徒

      ・何事にも真剣な姿勢で瞳輝く生徒

      ・身体を鍛え、心を鍛え、将来の生き方に希望の持てる生徒 

      ・自分を律し、礼儀正しく、ルールが守れる生徒

   めざす学校像

      ○生徒・保護者・地域の笑顔が花咲く大石中学校

  ・わかる授業をとおして、基礎・基本の確実な定着と思考力・判断力・表現力の育成を図る学校

    (主体的・対話的で深い学びを行う学校)

  ・温かい心のやりとりに満ちた学校(認め合いお互いに高め合う学校)

       ・笑顔で大きな声であいさつや校歌が歌える学校

       ・行事や生活の中で自己有用感を感じられる学校

       ・清掃が行き届き、きれいな学校

       ・学校運営協議会を中心とした地域コミュニティーに根ざした学校

   めざす教師像

     ○生徒の可能性を信じ、服務に全力で取り組む教師 から磨き合い、高め合う学校から

     ・指導力を磨き、日々の授業で勝負できる教師

     ・適切な評価規準に基づいて評価し、評価に達しない生徒への支援ができる教師

     ・生徒や保護者から信頼される人間性豊かな教師

     ・危機管理意識を持ち、誠意とスピードを持ってチームで対応できる教師

     ・謙虚さを持って教育活動を推進できる教師

 

    学校経営方針

大石中学校の伝統と良き校風を引継ぎ、教職員の信頼と英知により、地域に生きる知・徳・体の調和

のとれた人間性豊かな生徒の育成に努める

「思いを行動へ」