ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

校長あいさつ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 

28kouあ  い  さ  つ   学校HPあいさつ

上尾市立大石中学校

 

校長 宮田 純生 

 

 

 本校3年目となりました大石中学校校長の宮田 純生(みやた すみお)と申します。

 日頃より保護者や地域の方々にお力添えをいただきましてありがとうございます。生徒・保護者・地域の笑顔が花咲く大石中学校」を昨年度からめざす学校像に掲げてきました。3月に卒業した生徒も笑顔で本校の素晴らしい想い出とともに巣立つことができました。

 大石中学校は、地域に根ざした学校です。自彊の校風の伝統を引き継ぎ、関係する人のすべてが笑顔な学校をめざし、教職員相互の英知を結集し、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成に努めてまいります。

平成29年度は次のような重点に取り組んで参ります。

☆学校教育目標 =心豊かな生徒を育成する大石中教育=

・思いやりのある生徒

・自ら学ぶ生徒

・進んで身心を鍛える生徒の育成

 

めざす学校像(重点)

  ○生徒・保護者・地域の笑顔が花咲く大石中学校

  ・わかる授業をとおして、基礎・基本の確実な定着と思考力・判断力・表現力の育成を図る学校(生徒が主体的に発表できる学校)

・行事や生活の中で自己有用感を感じられる学校

 

めざす生徒像(重点)

  ○自分の価値を理解し、他人のよさを認められる生徒

  ・自分の意見を根拠に基づいて発表し、主体的に学習に取り組む生徒

  ・向上心を持って自らの目標に挑戦し生活ができる生徒

 

めざす教師像(重点)

  ○生徒の可能性を信じ、服務に全力で取り組む教師 から磨き合い、高め合う学校から

  ・わかりやすい日々の授業の充実を図る指導力のある教師

 

重点目標(抜粋)

(1)生徒一人ひとりを大切にした授業の創造に努める

  (1)一人ひとりの生徒の基礎・基本の充実のため学習を進める

  (2)一人ひとりの生徒の個々の実態に基づく補充学習を進める

  (3)学習内容や指導方法、評価・支援の工夫改善を図り学習意欲の向上を図る

  (4)主体的、体験的な学習の推進と地域の文化や人材の活用に努める

  (5)学校ICTならびに大型モニタの積極的な活用に努める

(2)「規律ある態度の育成」に向けて、校内指導体制の充実に努める

  (1)社会性と規律ある態度の育成に努める

  (2)大石中学校全体での規律ある態度を育成する

(3)積極的な生徒指導の推進に努める

  (1)教職員の共通指導に基づく生徒指導をさらに推進する

  (2)いじめ問題、問題行動等の早期発見と初期対応を組織的に進める

  (3)不登校生徒の教室復帰を目指し、教育相談や個別の支援体制の充実を強化する

  (4)カウンセリングマインドに基づく、心のふれあう生徒指導を進める

  (5)あいさつや服装などの基本的な生活習慣の定着を図る

(4)進路指導・キャリア教育の充実に努める

  (1)勤労観・職業観を育てる「キャリア教育」の充実を図る

  (2)教育活動を通し、生徒自らの生き方を考えられるように支援する

  (3)生徒が目標を達成できるよう計画的・組織的・継続的に取り組む

  (4)未来を切り開く4力の育成に努める

(5)生徒ひとりひとりが健康保持と体力の向上に努める

  (1)家庭、地域社会との連携を図った健康管理の徹底に努める

  (2)積極的に運動に親しむ資質や能力を育て、基本的な体力を高める

(6)危機管理の徹底に務める

  (1)過去の災害や事故の教訓を踏まえ安全体制の見直しと構築を図る

  (2)学校安全、施設設備の瑕疵の絶無を期した報告・連絡・相談・確認と見届けを徹底する

  (3)教職員の服務の厳正、会計事故、生徒事故、教育課程の事故の絶無を期する

  (4)遂行した職務(行為)についての保護者や地域等への説明責任を図る

 

 ●チーム大石中としての合言葉

  チームわさび   シャリは地域や保護者(土台) ネタは生徒(主役)

           教員はシャリとネタの間のわさびのような存在を目指します。

           ・ピリッと辛い(メリハリのある指導)

           ・なくてはならない(存在感を示す)

           ・後になって効果がわかる(将来の生きる力を育成する)

   わ  職員の和(チーム大石中)

   さ  細心の注意を払って行動(計画、実践、報告、振り返り)

   び  敏捷性(対応、行動、解決)