ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 市長学校訪問 上尾市立太平中学校 (平成22年11月17日)

市長学校訪問 上尾市立太平中学校 (平成22年11月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年11月17日更新

島村穰上尾市長が太平中学校を訪問しました 

 生徒たちの司会進行のもとで、体育館において「市長歓迎式」が行われました。
 「はじめのことば」の後、山崎校長先生から島村市長の経歴、趣味、座右の銘などが紹介され、石倉咲子前生徒会長から「ペットボトルのふたを4,500個集め、ワクチンに変えるボランティア活動を行ったほか、拍手する際は3秒で10回行う自主ルールを定め、大きな拍手を励行しています」など、太平中学校の紹介がありました。
 その後、島村市長から生徒たちに対して講話がありましたが、「生徒たちと近い場所で話をしたい」という意向から、ステージではなく生徒たちの前に立って話をしました。
 島村市長からは、学生時代に部活動で行っていた野球についての話や、母校である上平中学校からみた太平中学校の印象などの話がありました。
島村市長の講話の様子島村市長の講話の様子 

      
 生徒たちからも島村市長に対して質問があり「上尾市の今後の課題は何ですか」という問いかけに対して、島村市長は「今後10年間の市の姿を描いた大きな計画を作成していて、その中で今後の目指す姿を『笑顔きらめく“ほっと”なまち あげお』と定めようとしています。安全・安心で、商業、農業、工業の調和の取れた、温かい街にしていきたいという夢を持っています」と答えました。
生徒から島村市長への質問の様子生徒から島村市長への質問の様子生徒から島村市長への質問の様子生徒から島村市長への質問の様子

      
 予定した時間をオーバーするほど、生徒たちにとって有意義な時間となりました。最後に、第21回上尾市小・中学校音楽会に参加する3年3組34人が「手紙」を披露してくれました。島村市長は、「生徒たちと一緒に聞きたい」と生徒たちの隣に座り、生徒たちが一生懸命に歌う姿を見て、感銘を受けていました。
3年3組の皆さんが「手紙」の合唱を披露してくれました3年3組の皆さんが「手紙」の合唱を披露してくれました生徒たちと一緒になって「手紙」の合唱を聞く島村市長生徒たちと一緒になって「手紙」の合唱を聞く島村市長

        

 生徒会の皆さんが島村市長に各部活動の特色などを紹介しながら、野球部、サッカー部、吹奏楽部、剣道部、バスケットボール部、バレーボール部の活動を見学しました。
 野球部では、島村市長や岡野教育長が部員に対してノックを行い、生徒たちは、はつらつとした動きでボールを追いかけていました。
生徒会の皆さんによる部活動の紹介野球部の練習島村市長がノックをしてくれました島村市長がノックをしてくれました岡野教育長がノックをしてくれました岡野教育長がノックをしてくれましたサッカー部の練習の様子サッカー部の練習の様子

       
   吹奏楽部は、歓迎式ですばらしい音色を奏でてくれましたが、音楽室でも歌謡曲のメドレーを披露してくれました。生徒たちが奏でる迫力あるハーモニーに島村市長は、「私は楽器の演奏はできないのですが、音楽を聞くことは大好きです。音楽は人を笑顔にする素晴らしい力を持っています。皆さんも、リラックスして楽しみながら、頑張って練習をして、素晴らしい成績を残してください」と生徒にエールを送りました。
吹奏楽部の皆さんによる演奏の披露吹奏楽部の皆さんによる演奏の披露剣道部剣道部バスケットボール部バスケットボール部への激励バレーボール部への激励バレーボール部への激励

  

 部活動の様子を紹介してくれた生徒会の皆さんにお礼の言葉を掛けていました。
生徒会の皆さんとのお別れ生徒会の皆さんとのお別れ
      

 島村市長が帰庁の際には、生徒たちが見送りに、正門に集まってくれました。島村市長も別れを惜しむように、生徒たちに声を掛けていました。
生徒たちが見送ってくれました生徒たちが見送ってくれました